ひばり園開設25周年卒園児体験発表

19年3月に25周年卒園児体験発表会を行いました

 ひばり園の25周年にはたくさんの卒園児や保護者の方が来てくれました。ひばり園の歩みを見守って頂いている事に深く感謝します。また、卒園児さん方も、忙しい中、体験発表をしてくれて、私達に素晴らしいメッセージを送ってくれました。メッセージを紹介します。

『 私のスタートライン=ひばり園 』

    岩崎 礼佳(平成7年度卒園)

ひばり園の25周年おめでとうございます。

 私は、熊本市立必由館高校の2年、平成元年生まれ17歳の岩崎礼佳です。聴力は、左85dB、右95dBです。補聴器は、小学校入学前からカスタム式の物を左耳だけ装用しています。家族は、両親と現在大学生の姉が二人います。

 まず、私の通った学校を中心にこれまでのことをお話します。私は一才半の時に聴覚障害がわかり、ひばり園に入園しました。後半の3年間は、姉たちや近くに住んでいる友達がいる幼稚園にも通いました。友達は、私と一緒に遊ぶことで自然と障害のことを理解し、自然とありのままの私を受け入れてくれました。とにかく友達といることが楽しくて楽しくて、ひばり園に行くために途中で帰るのがとても嫌だったのをおぼえています。

小学校は地元の五福小学校に通いました。私が入学した時には姉が6年と4年に在学していて心強かったし、同じ幼稚園から10人くらい一緒だったこともあり、ほとんどそれまでの生活と変わらずに過ごせました。担任の先生方以外にも、入学した時の校長先生・教頭先生・保健室の先生には特によくしていただき、今でも私のことを見守っていただいてます。入学式のときの名前点呼で、私の名前を呼ぶときだけ手を上げて合図をしてくれたり、水泳の授業のときに補聴器を保健室で預かってもらったりなどとてもお世話になりました。6年間学年が一クラスで友達が変わらなかったこともあり、特別困ることもなく楽しく毎日を過ごしました。母が言うには、ことばの教室のある小学校への入学を迷っていた時、「先生のお口を見てちゃんとお話を聞くから、幼稚園のみんなと一緒の五福小学校に入学したい!」と言ったそうで、本当に友達が好きだったんだと思います。

小学校2年生の3学期から、慶徳小学校のことばの教室に週1回通級しました。ことばの教室自体は嫌いではなかったのですが、小学校でのみんなとの授業を抜けて行くのが嫌でした。小学校4年生の時は、半分も出席しないで、先生や母を困らせていました。ただ、そこでの先生や同じ障害を持つ友達との出会いは、私にとってとても大切なものとなりました。

中学校は、校区の中学にたまたま難聴教室があり、友達と離れることなく難聴教室にも通級できるということで、とてもラッキーでした。ここでも大好きな先生と出会うことができ、同じ障害を持つ同級生の二人と一緒にのびのびと過ごしました。国語は難聴教室で受け、英語は先生が横でノートテイクをしてくださいました。このときの先生は今でも大好きで何かと相談しています。仲が良い友達にもたくさん救われ、友達関係で悩むことは全くと言って良いほどありませんでした。小さな中学校だったこともあり、いろいろなことに挑戦でき、部活以外にも学校代表で陸上や駅伝の中体連にも出ました。

そして、現在の必由館高校です。今まで人数が少ない学校に通っていたため、生まれて初めて知らない人ばかりのクラスでの生活が始まり、入学当初はとても不安でいっぱいでした。しかし、担任の先生や教頭先生方が支えてくださり、心強く頑張ることができました。たくさんの友達ができて、今では本当に楽しい日々を送っています。先日こんなことがありました。突然補聴器の電池がきれて困ったので、先生の許可を得て近くの店に買いに行きました。小中学校のときは、母に持ってきてもらったり難聴教室の先生を頼ったりしていましたが、今回自分でやったことで、これまではずいぶん甘えていたんだなあとつくづく思いました。

 次に、ひばり園の思い出についてお話します。と言っても、本当はあまり覚えていません。おもちつき大会とか、お誕生会、七匹の子ヤギの劇をしたことなどの行事くらいです。かわいいシールをノートに貼ったり、跳び箱から落ちて泣いたり、姉たちがお休みのときに一緒にひばり園に来てくれるのが嬉しかったりしたことも覚えています。母に言わせると、その頃の私は現在と全く違い、かなりの人見知りでみんなとの活動に参加できなかったり、親にしがみついたままじっとしていたりと情けない姿だったそうです。それでも母は、ひばり園には今でも足を向けて寝られない、といつも言っています。

ただ、私がひばり園を意識したのは、小学校5年の時に、父が押入れから「礼佳の宝物」と書かれたダンボールの箱を出して見せてくれたことがきっかけだと思います。そこには、手作りの絵カードや写真カード、絵日記など、どっさり入っていました。私は、こうやって物の名前やことばを覚えていたんだととても驚きました。その中でも、『先生あのね・・』と『お父さんあのね・・』のノートには、自分の物ながら感動しました。たいした内容ではないけれど、鉛筆の濃い文字で一生懸命書かれています。途中で母の字に変わって、また私の字に戻っていたりと好き勝手に書いています。そして、それに先生や父が丁寧に返事を書いてくれています。その頃のことは詳しく覚えていないのですが、もしかしたらこれが、私のひばり園時代の最高の思い出で、最大の財産なのかもしれません。実際に私は、中学高校を通して、弁論大会で良い成績をいただいています。長崎や沖縄での九州大会にも出場したり、県の総合文化祭では、弁論の出場だけではなく、開会式の生徒代表挨拶をさせていただきました。文章を書くことはあまり苦にならず、小学校の時から作文や感想文のコンクールの賞状もたくさんいただいています。きっとこのルーツがこのひばり園にあったのだと思います。他にも、聴覚障害児が苦手になりそうな水泳や、ピアノもひばり園の先生の勧めで始めたそうで、おかげであまりハンディを感じないで済んだようです。もちろん、こうして、はっきりと声を出して皆さんの前で発表できるほどに発音発声できるようになったのもそうだと思います。

こんなふうに、ひばり園のおかげということは、きりが無いほど出てきそうですが、今の私には大きなものがもう一つあります。それは仲間です。ひばり園を卒園してからは、まだ幼かったことと、それぞれ住んでいる所が遠かったことで、小中学校のときにはあまり機会がありませんでした。高校入学の春に、自分たちで集まることを計画し、それを機会にメルアドの交換などを通して、同じ障害を持つ幼なじみと言う意識がとてもできました。それからは時々街に遊びに行ったり、聾学校の友だちを含めて三井グリーンランドに行ったりしています。この年末には、他県に転校した一人を除いて、初めて7人全員揃って会うことができました。この仲間が今の私にとっては、ひばり園を通して得た一番大切なものです。今は携帯のメールがあって、簡単に連絡も取れとても便利なので、これからもずっとすばらしい仲間でいられると思います。

私は今、将来の進路を決めなければならない時期です。ひばり園をスタートラインとして、私はとても恵まれていて幸せです。これまでにたくさんの人に出会い、たくさんのやさしさをもらってきました。みんな以上にいろいろな経験をすることができ、多くのことを学ぶことができました。もちろん辛いこともあったし、健聴者が羨ましいと思ったことも何度もありました。でも、たくさんの人に支えられ、やさしさのありがたさに気付けた今では、障害を持って生まれてきたことにすごく誇りを持っています。そして今、私も人に必要とされる人間になりたいと思うようになりました。障害を持つ私だからこそできることを見つけ、少しでもみんなが暮らしやすい社会を作りたいという強い願望を持っています。まだはっきりとした夢は持っていませんが、今からできることを精一杯頑張ろうと思います。

最後に、ひばり園に心から感謝するとともに、これからもたくさんの子どもたちの幸せのスタートラインであってほしいと思っています。

 

ありがとうございました。

 

『 新 し い ス タ ー ト 』

 緒方沙織(平成6年度卒園)

みなさん、こんにちは。緒方沙織です。私は、今月の一日に八代白百合学園高等学校を卒業しました。これまでの十八年間は長いようで、短く、あっという間でした。

 私が難聴と判明したのは、三歳の頃でした。父が仕事から帰ってきて、「ただいま。」と私に言ったが、私は気づかずに、テレビに夢中になっていたそうです。そのことを不審に思った両親が私を病院へ連れて行きました。そして、感音性の難聴と診断をされました。その時、両親はとてもショックを受けたそうです。しかし、ずっと落ち込んでいたわけではありませんでした。それからは、両親が交代で仕事を休んでくれて、週二回、八代からこのひばり園まで、片道一時間もかかる道のりを三年間通い続けました。今、思えば、とても大変だったと思います。

 そして、私は、小学校に進級しました。私の校区にある小学校には、難聴学級がありませんでした。となりの校区の小学校にはあったのですが、両親はどちらの学校に通わせるべきかとても迷ったそうです。私には、兄がいるのですが、兄も小学校に通っていたので、兄と同じ小学校に通うことにしました。そして、週に一回、隣校区にある小学校の難聴学級に通いました。

 小学校に入る頃には物心ついていて、自分だけが周りの友達とは違うという認識がありました。また、周りの友達は、私が耳にはめている補聴器を不思議そうに見ていて、それがとても嫌でした。担任の先生が話してくれて、クラスにも打ち解けることができました。しかし、学年があがるにつれて、つらいことや悩みも増えてきました。私が一番つらかったのは、音楽の授業でした。私は3年生か、4年生になるまで、音程というものがわからずに、歌を歌っていました。すると、突然、クラスの子に「音痴」と言われました。その時、とても悔しくて泣いていたことを今でも覚えています。それから、私は人前で歌わなくなりました。中学、高校に入って、新しくできた友達は、私は普通に話せるので、歌も当然歌えると思い込んでいて、私が歌わないことに疑問を持っていました。「歌ってよ。」とか、「何で歌わないの?」って聞かれることもありました。しかし、私は「耳が悪いから音程がとれない」ということを言えずにいました。そういう時、とても、悲しくなりました。

 また、初対面の人と接するとき、耳に補聴器をはめているのが見えない限りは、聴覚障害を持っていることも分かりません。そういう時に、「私は、耳が悪いのでゆっくり、大きな声で話してください。」この一言はなかなか言えませんでした。自分の障害を認めていないわけではありません。この言葉を発したときの相手の反応が怖かったからです。不快な顔をする人もいます。特に、同級生にはいえませんでした。私が耳が悪いから、友達になりたくないと思ったり、距離を置いたりするのではないかと思ったからです。

 しかし、私の周りの友達は、みんな私を理解し、受け入れてくれました。そして、困ったときに助けてくれる友達もいました。しかし、健常者に障害を理解してもらうのは簡単なことではありませんでした。私は、右耳がまったく聞こえません。友達にその事を話し、私の左側に立って話してもらうようにお願いするのですが、やはり理解しがたいのでしょうか。右側から話しかけきたりします。また、私は、一対一の会話は普通にできるのですが、それが大人数になったり、クラスでの休み時間の雑談や、体育館での先生の話など、場所や状況が変わると、聞きづらくなります。そして、聞こえない時に聞き返すと、「なんでもないよ。」と言って流したり、嫌そうな顔をする友達もいました。一番困ったのが、体育館で講演を聞いてその感想を書くことでした。話の内容がわからなかった時は、友達がメモしているのを見せてもらったりしました。授業では、英語のリスニングなどはほとんど聞き取れませんでした。他にも、クラスメイトの発表の声や、先生が黒板を向いたまま話しているときなどは聞き取れませんでした。そんな時、友達にいちいち聞くのも申し訳なくて聞くことができませんでした。やはり、コミュニケーションにおいては、相手に理解を得ることが一番大切なことなのだと思います。

 話は変わりますが、私は今年から筑波技術大学に進学します。ご存知の方もいると思いますが、視覚や聴覚に障害を持つ人のための大学で、去年から四年制の大学に変わりました。聴覚に障害を持つ人は、将来、社会に出ても、うまくコミュニケーションをとれないことから、人間関係がうまくいかずに、会社を辞める人も多いようです。しかし、この大学では、技術を体得することができ、社会に出ても自立した生活を送ることができます。また、先生方の障害に対する理解も深く、手話や字幕を用いての授業をされます。そのため、とても充実した環境の下で、教育を受けることができます。私は、親元を離れて、筑波技術大学に行こうかどうかとても迷いました。しかし、地元を出て新しい環境で生活をすることで、自分の視野も広がると考え、この大学に行くことを決心しました。

 私は、今まで十八年間という時間を過ごしてきましたが、小さいころは、どうして私だけが耳が悪いの?と思ったことも正直ありました。しかし、どれだけ、他人をうらやましがったりしても、聴力が戻ることはありません。私は、今では、障害を持っているからこそ私なんだと思えるようになりました。これから、私は、大学に進学して、社会に出ていきます。そこで、つらいことや悲しいことが、今まで以上にあるかもしれません。しかし、私は、自分の障害と向き合い、誇りを持って頑張っていきたいと思います。

 

 

『 今までの私、そして新たな夢 』

昭和63年度卒園 米村千明(19歳)

 

ひばり園を卒園して早くも18年が経ちました。

 私は幼い頃、母のお腹にいる時、母が風疹という病気にかかりました。私が生まれ何事もなく過ごしてきたのですが、保育園に通い始めた2歳半の時に、保育士によって耳が悪いのではないかと疑われ、病院で難聴と診断されました。

 そして病院の医師にひばり園を紹介され、2歳10ヶ月に補聴器と出会いました。今では私にとって本当になくてはならない大切なものです。

 私は今年で25歳になります。私は今、八代市内の保育園で保育士として、子ども達と楽しく過ごしています。幼い頃からの夢だった仕事に就くことができ、おかげで5年目を迎えました。

 保育園では3歳児の子ども達25名を保育士2名で保育しています。やっと会話も楽しくできるようになり、毎日笑ったり怒ったりと、子どもっておもしろいなと思います。とても素直でうらやましいところをもっていて、いいなぁと思います。

 私はこの言葉が大好きです。

  作家「きむ」さんの詩

 『子どもの心を忘れない大人になろう

  自分の心に素直に生きて、想ったことを素直に言える

  どんなに歳を重ねても

  光っている子どもの心を忘れない

  大人になろう』

 ちょうど5年前、保育士として採用された時に、この言葉をずっと繰り返し読んでいました。子ども達に信頼され好かれる保育士でいたいと、いつもそう思っていました。

 私がこうして社会へ出て好きな仕事ができるのは、もちろん両親をはじめ、たくさんの方々に支えられているからです。けれど、保育士という仕事は簡単なものではありません。

また、少子化社会の中で色々な問題もあります。

 私が保育士として働くことができているのは、保育園の園長先生をはじめ職場の先輩方の御指導があるからこそ、今の私でいられるのだと思います。職場では、私が難聴という障害をもっていて聞こえにくいということを理解していただき、時々気にかけてくださったり、一人の職員として受け入れてもらえていることに感謝しています。

 職場の採用試験で「将来、何が起こるかはわからない。だからこそ今しかできないことを精一杯やりたい」と伝えました。今でもやれるだけのことをやろうと思っています。年間行事がたくさんの保育園でやらなければいけないことがありますが、とてもやりがいのある仕事です。疲れ果ててしますこともありますが、子ども達の元気のよいパワーに助けられています。

 自分は聞こえないってわかっていても、時々考え込んでしまうこともあります。わかっているんだけど、仕方がないんだけど、これは本当のことであって受け入れなくてはと、自分に言い聞かせています。いくつになってもこの気持ちは変わらないのです。幼い子ども達も自分で自分のことを理解して、毎日を頑張っていることでしょうね。これは健常者でも障害者でも関係なく、子ども達一人ひとりが思っていると思います。 仕事が忙しくて、なかなか構ってあげられない、話せないことが多いのではないでしょうか。

 子ども達の今は今しかないのです。しっかりと見つめ合って「今」という毎日に愛情を与えてあげてください。子どもだから、大人の気持ちなんて知らないだろうと思っていても、子ども達はいつも知っているんです。大人の気持ち、親の気持ちを子どもなりに受け入れてくれていますよ。なんていったって子ども達は、愛情の中で生まれてきたのですから。

 私の園の3歳児の子ども達に、将来の夢「大きくなったら何になりたいですか」と尋ねると、大きな夢をもっていました。「警察官になりたい」「パイロットになりたい」「看護婦さんになりたい」「お花屋さんになりたい」等と嬉しそうに夢を語ってくれました。

 物事を最初から諦めず、大きな夢に向かってもらえたらと思います。幼い頃からの保育士になりたいという夢を果たした私には、もう一つ夢があります。それは、暖かく見守ってくれた母のように、私も母になりたいと思います。

 どんなにくじけても、どんなに泣き虫でも、それでもずっと支えてくれた両親が私は大好きです。私もそんな親になりたいと思っています。そして、将来子ども達にも伝えていきたいと思っています。

 最後になりますが、人間は一人ひとり個性をもっていて、みんなが同じではありません。子ども達にも個性があるので、何でもできないということではなく、その子なりのできることを応援してあげてください。子どもは親の背中を見て大きくなるものです。みなさんも自分に自信をもってくださいね。私も色々と悩んだりする毎日ですが、目標をもって頑張っていきたいと思います。

 

『 私 の 19 年 間 』

 

中渡瀬史旭(平成5年度卒園)

 

ひばり園25周年おめでとうございます。現在、宮崎大学農学部に行っている中渡瀬史旭です。今回は私のひばり園の時のこと、高校受験、大学受験のことを中心に話したいと思います。
 
 まずひばり園の時のことですが ひばり園で聴能訓練や発音練習をやったおかげで今このように喋れるのでひばり園には本当に感謝しています。そして、ひばり園では聴能訓練や発音練習だけではなく絵日記を書くことはもちろん、個別指導もありその中で新聞の記事を切り抜いてそれを発表したりしたこともいい経験だったと思います。私達聴覚障害者は耳から情報が入りにくい分、努力する必要があります。日頃の努力によって足りない情報や健常者に遅れている部分を少しでも補おうとするのです。その勉強のやり方等をひばり園で学び家で母と勉強するという方法をとっていました。なので、今の私があるのはひばり園から始まっています。


 
 次にひばり園を卒園してからのことについて述べたいと思います。 私は卒園後、難聴学級のある健軍小学校に入学し中学校も湖東中学校に行きました。そこは難聴学級があったので特に問題もなくひばり園からの3人(寺本君、植田さん) で9年間共に勉強してきました。高校はそれぞれ別の進路をとり、私は大学進学が目標だったので東稜高校を受験し3年間通いました。

高校受験は、今はテロップによる受験が可能となってるみたいですが私たちの時にはテロップによる受験が出来なかったので学校側にお願いしてリスニングだけ別室受験しました。高校に入って苦労したことは英語の授業です。高校には難聴学級がないので英語と国語の授業もみんなと一緒に受けなければなりませんでした。英語は聞き取りにくい部分が多数ありみんなについていくのが難しかったです。その結果英語の成績は下がりました。逆に東稜高校は入学前から先生たちがいろいろ配慮して下さって学校の雰囲気は中学校の親学級よりよかったです。

ただ、受験に向けて夏の大会が終わってからの勉強はきつかったです。でも、今となっては毎日の課題や朝、夕課外はためになり自信にもなったと思います。そして私は3年間部活をやりました。東稜高校には勉強と部活の両立が大変だということで部活をやめていった人もたくさんいました。でも自分としては部活が終わってから短い、限られた時間の中で集中してやることで質のいい勉強が出来たと思います。野球をやることで体力をつけることもでき、メリハリのある生活をおくれたので野球を10年間続けてきたことに感謝しています。


  大学受験では昨年からセンター試験にリスニングが導入されたのでセンター協会に申し出たところリスニングは免除になり、二次試験の方は大学側に直接相談していろいろ配慮してもらいました。そして現在 宮崎大学で勉強しています。大学でも講義のときはFMマイクを使用しています。そして、今後の実験やゼミのために送信機や会議用マイクを複数購入してもらったり、英語の定期試験ではリスニングの部分を筆記に変えてもらったりと高校以上の配慮をしてくれています。

 最後になりましたが、私はひばり園に入ってよかったと思っています。これからもひばり園には何らかのかたちで携わることができればいいなと考えています。ありがとうございました。

            

『 これまでの歩み その@ 』

植田 祐加(平成5年度卒園)

 

私の名前は植田 祐加です。昭和62年4月20日生まれです。今年で20歳になります。今は筑波技術大学の一年です。総合デザイン科でデザインについて勉強しています。

ひばり園は一年しかいなかったけれども、卒園した後でも丸内先生達には色々とお世話になりました。

 ひばり園から熊本県立聾学校幼稚部に行ってそのあと、健軍小学校に変わりました。小学校はドッジボールに明け暮れました。

 中学校はその校区内の熊本市立湖東中学校に上がりました。

中学生の時はソフトテニス部に入って、日焼け止めクリームを塗っても効かないほど日焼けするほど毎日テニスしていました。

 引退した後、塾に通っていました。そこで他の中学校と友達を作って毎日楽しく過ごしながら、勉強もしました。

 学校の美術の先生にデッサンも一ヶ月間教わり、入試の日を迎えました。

英語だけ別室で、外国の先生がリスニングを行ってくれました。リスニングだけは自信なかったので一生懸命読みとりました。

 その結果、熊本県立第二高校の美術科に合格して入学しました。

 実は第一希望が普通科だったけれど落ちて、第二希望の美術科になりました。今思うと普通科ではなく、美術科に行って本当に良かったと思っています。

 なぜならそこで得る事が出来たものが多かったからです。例えばたくさんの友人と美術に対する探究心、色々な世界を。

 毎日最低2時間位美術の授業があるので他のクラスよりも教室で勉強する科目の数は少なかったです。授業の保障は古典と英語(グラマーとリアーティング)は毎回してくれました。予習をやってその後答え合わせする時口で答え合わせなので分かりにくく答えの書いてあるプリントを配ってくれました。

 そして卒業した後でも絵(デザイン)の勉強をもっとしたいと思ったけど、美大って学費が高いじゃないですか。私立だと一年間に400万円かかるところも多いです。熊本県内で美術関係の大学は崇城大学しかなくて、そこも私立なのでお金がかなりかかります。1つ下の妹がいてその子も大学進学するので県外に行くのはお金がどっちにしろ、かなりかかってしまう。そこで茨城県に日本で唯一の国立の聾者だけの大学に総合デザイン科があるのでそこを希望しました。

 私の学年は三分の一が聾学校の出で、三分の二が普通の学校から来た人です。最初はほとんどの人が手話を知らない人が多かったので日常的に口話で話していました。でも今はほとんどの人が手話を覚えてそれを使って話しますけど基本的に皆声で話していますね。

そこの大学の授業保障は先生が手話を交えて話してくださったり、手話を使えない先生にはパソコンを利用したOHPを使って話されています。

 障害についての講義もあり今まで知らなかった事も知る事が出来ました。でもレポートは毎回出され、かなり大変でしたけど。(泣)

 そこで全国からの色んな人と関わる事が出来、人間的に成長できたかなと思います。親元を離れ、寮に入りそこで初めて集団生活をしました。一人一人との距離が最初分からず色々とぶつかり合いました。でもそのぶつかった事で色々と学ぶ事が出来ました。

 今、バイトや他の大学と交流会など積極的に参加しています。自分から積極的に体験する事は大切だと思います。

たとえば、今ハリウッド映画のアカデミー賞にノミネートされた『バベル』を知っていますか?その映画の菊池凛子さんが聾唖の女子高校生の役をしています。その女子高校生の親友役を大学の先輩が演じました。他にも『デスノート』のエキストラとかさまざまな事に挑戦している先輩がいます。

だから皆さんも色んな事を諦めず、様々な事に挑戦して行って下さい。新しい道が明けるかもしれません。

  

 『 夢、努力、信頼 』

長門 浩一郎(昭和60年卒園)

本日は、ひばり園の25周年おめでとうございます。私はひばり園を卒園して21年目になります。今思えば、色々楽しかったこと、つらかったこともありました。でも、それがあったから今の自分があるんだと思います。教えてくれた先生方に、もう一度心からありがとうと言いたいくらい感謝しています。

私は今、ケーキ職人として腕を磨いています。小さい時からケーキ職人になるのが夢だったのが実現して、今満足しながら精一杯頑張っています。また、クープ・ディ・モンドという世界料理ワールドカップに挑戦するのも夢の中の夢です。

まずは自分の店を開くのが目標です。私は店を開いて成功するのが両親への親孝行ではないだろうかと思います。

私は社会の中での付き合いとか、飲み会とかはあまり好きではありません。なぜなら、健常者の世界に入り込めないからです。でも、理解してくれる人もいるし、様々です。もし、私が耳が聞こえていたら色々な人とたくさんコミュニケーションができて、もっともっと楽しい生活がおくれていたのではないかと思います。でもそれを言ってもしょうがないことです。

しかし私の心を安らげてくれる家族がいます。家に帰れば愛しい妻、かわいい我が子が出迎えてくれるからです。私には3人の子どもがいます。小学1年生と、4歳と、9ヶ月です。一番上の娘はパパ・ママの耳の代わりになり、電話の通訳や、一番下の娘の泣き声をキャッチして教えてくれます。そんな娘が一番たのもしいです。家族っていいもんだなぁと思います。

聞こえないという障害を背負って色んな困難を乗り越えれば希望が見えるはずだと確信しています。

私には好きな3つの言葉があります。それは夢、努力、信頼です。

 最後に親に一言言いたいと思います。今こうして幸せな自分がいるのも両親のおかげだと思います。そんな親を見習って我が子を育てたいと思います。

両親へ、今まで本当にありがとう。そして、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

『 卒 園 し て か ら 』

  平成2年度卒園 冨永美幸(17歳)

 

ひばり園25周年おめでとうございます。16年前に卒業した冨永美幸です。昭和59年7月14日生まれです。小さい時から口の形を見てみんなと話していました。

 小学校は黒石原養護学校に入学しました。その頃は耳掛けの補聴器で過ごしていました。相手がマイクでしゃべっている時はスピーカーの前に座って聞いていました。みんなで合奏する時、先生が肩をたたいて「今、弾くんだよ」って教えてくださいました。とっても分かりやすくて弾けました。

 小学4年生になって耳穴式補聴器に変えました。先生方は色々な経験をさせてくれました。田植えや納豆作りや色んな経験をさせてもらってとても嬉しかったです。小学時代の先生はわかるように話してくださったので、小学時代の先生達にはお礼が言いたいです。

 中学になって、自分から友達に「友達になって」と言えるようになって、少しずつ友達が増えました。小学校では友達になかなか言えず、先生達とばっかり遊んでいました。でも中学になって自分の気持ちが少しでも言えるようになりました。

 中2になって骨導補聴器をはめました。今もはめていますが、私はこの補聴器が好きです。よく聞こえるからです。この補聴器に変えてよかったです。12年間同じ学校で過ごして、色んな経験や、自分が好きなものが見つかってよかったです。

 就職は、身体障害者施設ライン工房に入りました。黒石原でも一緒だった友達もいました。今まで同じ友達とばっかり遊んでいたけど、他の友達もできました。今はクッキーやパンを作っています。ひばり園や色んなところにも販売に行っています。これからも頑張っていきます。