熊本県 の新生児聴覚スクリーニングの現状について

 「新生児聴覚スクリーニング」は、平成15年度から厚生労働省が各都道府県、政令指令都市にモデル事業の実施を呼びかけ 、全国的な広がりをみせていましたが、 平成18年度でモデル事業が終了したことから、都道府県としての取り組みを終了したところ、継続して各自治体の独自の取り組みをしている様々です。

熊本県では、平成15年10月から県がモデル事業として、補助金の支給やデータの管理などを行っていましたが、モデル事業が18年度で 終了したことに伴い、各産科婦人科の医療機関が独自に実施しているという以前の形に戻りました。かろうじて、<熊本県新生児聴覚検査協議会>は残り、【新生児聴覚スクリーニング検査とそのサポート体制】を改定発行しました。

熊本県における現状について平成17年度報告資料を掲載します(その後のデータが整理されていませんので、16年度までの分となります)