ひばり園の療育 その2 

次のような療育を行っています。

 聴力検査

 子どもの聴力の状態を的確に把握するために、 年齢に応じた様々な聴力検査を行います。(この 写真は、遊戯聴力検査で、ヘッドホーンを使用し て、〈聞こえたら、ボタンを押すとビデオがみえ  る〉ことで、左耳、右耳の聴力を計っている。)

 補聴器の適合のためには、スピーカーから音を 出しての検査も行います。

 補聴器の適合

 子どもの聴力に合った補聴器を選択します。補 聴器のメーカーから出されたインフォメーションなどを参考にして機器選択し、その後、聴力に応じて音質、利得、最大出力等を設定します。デジタル補聴器などはパソコン上で設定を行います。

 

 体験学習

 生きたことば、豊かなことばの学習は、実際の日 常生活の場面での人とのかかわり、物とのかか わりの中で行われるものです。家庭の生活の中 で生かせるような、簡単なおやつ作り、お手い、ごっこ遊びなどを通して(お買い物ごっこ、 お風呂ごっこ、病院ごっこなど)指導を行います。
 (4歳児 カレー作りの場面)

 保護者指導 


 ご両親が難聴に対する理解を深めるために、ま た日常生活の中で子どもさんとの コミュニケー ションがうまくいくように、ことばが生活の中で育 つように一緒に療育に参加しします。勉強会や 懇談会も行います。(2歳児 絵日記の描き方)
    

地元の保育園、幼稚園との連携   

 3歳以上になると、子ども達のほとんどが、自分の住んでいる地域の保育園や幼稚園に並行して通います。健聴の子ども達との生活は、人とどう関わったらいいのかを学ぶ機会であり、社会性や、情緒の発達にとって大切です。しかし、ただ健聴の子どもの中に入ればいいというのではなく、様々な配慮が必要です。ひばり園から保育園や幼稚園に出かけて行き、子ども達の様子を見学したり、幼稚園や保育園の先生方にひばり園に来ていただいたり、連絡会を開催して先生方と情報交換しています。

幼稚園や保育園の先生方へのテキスト
(ひばり園作成)

ともだちだいすき』を配布しています

 


卒園児のフォロー   

開設35周年記念誌をつくりました。昨年は熊本地震で「体験発表会」が開催できませんでしたが、関係の先生方や卒園児さん、保護者の方から原稿を寄せて頂きました。

「ひばり園35周年をお祝いして

熊本大学医学部附属病院

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

鮫島靖浩

ひばり園35周年おめでとうございます。

昭和564月に開園してちょうど35年となるわけですが、私もその年に耳鼻咽喉科医になり、開設されたばかりの頃に診察と検査の手伝いに何度か来ていましたので、ひばり園の歴史と共に歩んでまいりました。その後、しばらく間をおいて平成8年から私がひばり園の嘱託医となりました。その年は、ひばり園の開設15周年でしたので、以来、20年間、園児たちの成長をみさせていただきました。ひばり園でみていた園児が大学や社会へ巣立っています。

 この20年間は難聴児の医療、療育・教育において大きな変化がありました。その1つは平成11年頃から始まった新生児聴覚スクリーニングです。それまで1歳から3歳で発見されていた難聴児が、生後数日に産婦人科で行われるスクリーニング検査で疑われ、生後34か月で診断され、生後6ヶ月から補聴器を用いた療育が行われるようになりました。早期発見、早期療育という観点からは大きな進歩ですが、スクリーニングを受けていない児や生後に難聴が進行する例もあり、従来からの検診体制もまだ重要です。

 もう1つの大きな変化は人工内耳の小児への適応拡大です。従来なら補聴器で十分な効果が得られなかった重度難聴児でも聴覚活用が可能となり、現在では1歳から手術が行われ、人工内耳の両耳装用も進んでいます。さらに、人工内耳をした卒園児が小学、中学、高校、大学へと進学しております。

 しかし、いくら早期発見、早期療育が可能となり、補聴器や人工内耳がよくなっても、日々の学習の積み重ねがないと聴覚言語の発達は望めません。ひばり園の発展と卒園児の皆様のご活躍を心より願ってお祝いの言葉といたします。

「 子と、親と、親の会とひばり園」

熊本県ことばを育てる親の会会長 古P 庸祥

 

ひばり園開設35周年、誠におめでとうございます。これまでの多大なるご功績に敬意を表すとともに、今後のさらなるご発展を心よりお祈り致します。  

さて、私たち親の会にもひばり園卒園児の保護者がたくさんいます。聴覚障がいを持つ子どもの人生の基盤となる幼少期と、そして聴覚障がいのことなど何もわからず悲嘆に暮れていた未熟な親の子育ての時期に、その存在は欠かせず、過ごした時間は大変貴重でありがたいものでした。私たちの会員は小中学生の保護者を対象としていますが、多くの会員の子どもたちの小学校入学までの礎はそこで育てられ、会員である親の多くは難聴児子育ての基礎をそこで教えていただきました。時に厳しく、時に慰められながらも、その一貫したご指導に未だ顧みることばかりで、今でも活かされていることに気付かされるばかりです。

私ごとではありますが、長男が生後8ヵ月の頃からひばり園に通い始めました。個別での手厚いご指導をいただけたことは、対人とのコミュニケーションの基礎となる言語あるいは言葉を代替するツールを授かりました。グループでの活発なご指導を通して、そのツールを活用し、自然とコミュニケーションに発展できるようになっていったように思います。難聴児本人のコミュニケーションは勿論ですが、親としても、子どもとの向き合い方、その表情や姿勢、その順序や道筋、難聴児の子育てのあらゆることをご教授いただきました。

初めての子育てであった上に、聴覚障がいを持っていることがわかり、妻と二人で暗く思い悩んでいましたが、ひばり園の存在を知りそして通いだしてから、徐々に道が明るくなっていったのを今でも覚えています。同じ障がいを持つ子ども同士、同じ悩みを持つ親同士、あるいはその悩みを親身になって聞き入れ、解決してくれる先生方と出会えたのは、何よりも大きな糧となっていることでしょう。人間関係が希薄になりつつあるこのご時世だけに、尚更ありがたいものです。私たちの会でも小学校を卒業して、中学生あるいは高校生になってからも集える空間を切望する声が上がっています。そういった場所や空間というものは、当たり前のように存在すると思っていましたが、実際には稀有だということに気づかされました。ひばり園はその一つであり、私たちにとって大きな存在であったことも改めて認識するとともに、私たち親の会の在り方についても、見直す必要に迫られているのでしょう。

ひばり園の卒園児の保護者の方にたくさん入会していただいている親の会として、その声に十分に耳を傾け、その要望に必ずしも応えられているとは思いません。ただ、ひばり園を媒体として繋がりあえたように、私たち親の会もその一助とならなければなりません。今回の震災においては、人と人との繋がり、繋がるためのコミュニケーションの必要性を再認識した方も多いでしょう。会と会、団体同士の繋がり、コミュニケーション不足も再認識させられました。

同じ障がい者団体として、今後とも密に、より多くの時間と空間を共有させていただけたら幸いです。また、これまで35年間、親を育て、子どもを育てていただいたことに改めて御礼申し上げます。これから先も障がい者団体の中核として、広く深くご発展いただけるようお祈り申し上げます。35周年、誠におめでとうございます。

 

「 母になった夏来へ 」

                                米岡 美佐子

ひばり園の35周年おめでとうございます。

これまで難聴児の教育に携わっていただきました先生方、関係各所に心よりお礼を申し上げます。また、この度の熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

私の次女夏来は、111ケ月に福岡こども病院で両耳感音性難聴と診断され、待機児童として翌年4月よりひばり園に入園、補聴器を付けて音を聴かせる訓練を始めました。 当初、補聴器は両耳装用でしたが、補聴効果があった右耳のみの装用です。ひばり園に通園しながら、姉弟、祖父母、曾祖父母の大家族の中で聴こえない中で周りをみる目を養えたこと、自然の中の経験によって培われたものは大きくなるにつれ、自信に繋がりました。

小学校入学は難聴学級がある健軍小学校へ引っ越し、湖東中、鎮西高校卒業、その後化血研に入社。5年間の勤務後、夢を追いかけてオーストラリアへ1年間留学しました。帰国後、何十社と面接を受けてやっと語学力を認められ、現在も勤務している平田機工鰍ノ就職することができました。その後、同僚の紹介で知り合い、平成23年に結婚、12ヶ月の娘のママと仕事の両立をして頑張っています。来年には第二子が誕生予定です。

今まで決して順風満帆に来たわけではなく、障害がわかった時「現在の医学では治せない。早期教育しかない。」と告げられて「どうして。なんでうちの子が」と。当時、下の子が産まれて5ヶ月で余りのショックに母乳が止まったほどです。でも次の日にひばり園で補聴器を付けての教育を伺い、帰りにひばり園の廊下で楽しそうに先生と話す子供たちを見て、勇気と絶対大丈夫だという自信が私に障害を受け止めて前へ進む光を与えてくれました。他の人にはわかり難い幼い難聴児の発音ですが何故か私にははっきりと聞き取れたのです。只、言葉の訓練とは別に、就学前より何度も耳鳴り、嘔吐、聴力低下を繰り返し、その都度通院、入院。結婚した年に補聴器を付けている右耳もスケールアウトになり、本人の意志により左耳に人工内耳の手術を受けました。

現在も全く音のない世界ですが、未だに右耳には以前と変わらず補聴器を付けています。皮膚の弱い娘は夏になると、補聴器を付けている部分が炎症をおこすので「どうせ聴こえないなら、外したら」と言うと「これが私の耳なの。ずっと一緒なんだからつけないと変なの」

娘は言葉を持っています。小さい時の右耳はまだ聴力が残っていたのもありますが、会話は唇を読んで殆ど不自由なくしていますし、わからない時は聞きます。娘はたくさんの語彙を持っています。文章を書くのも好きです。彼女が今、普通に話す言葉は今まで彼女を支えてくれた多くの人たちから与えられたものです。

 

ママになったなっちゃん

ママを困らせないよう、本当にうちの和奏ちゃんは偉いんだからと子育てを愉しんでいるのが微笑ましいです。今から先、どんな大変なことがあっても、今のわが子の可愛さを思えばそれだけで親孝行と思えるでしょ。運動大好きなあなたがオリンピックを見ながら、「やっぱりメンタルよ。感動するね」と言っているのを聞いて言わないけれど、そっくりあなたに贈りたいわ。毎日、5時半起きご苦労様。でも痩せる間もなくまた二人目には笑っちゃいますが。あなたの前向きさには頭が下がります。親として聞こえないことを変わってはやれないけれど、どんなことにも感謝の心と、労いの言葉をかけてあげられる優しさと健康でいてくれることを望みます。

これからもよろしく。私も頑張るわ。

母より

 

「 ひばり園と私 」

後藤 佐和子

ひばり園開設35周年おめでとうございます。

 私は、現在高校2年生の長男と中学2年生の次男が、それぞれ生後6か月位の時からひばり園にお世話になり、この2人の息子と9年間ひばり園に通わせて頂いた母親です。長男が17歳ですので、その半分の時間もひばり園に通ったと思うと感慨深いものがあります。

 今年の夏休みも恒例の夏の聴検会に2人の息子を連れて行ってきました。とっくに背も追い越されおじさん化している息子たちで、普段は小さかった頃の顔なんて思い出しもしませんが、スーッと可愛かった小さな息子たちの手をひき必死で通っていたあの頃にタイムスリップしたようで、懐かしく穏やかな時間を過ごしてきました。

 長男を抱いて、初めてひばり園のドアを開けた日は桜咲く晴天の日だったと思います。「どのくらい聞こえているのだろう?ママと言ってくれるのだろうか?おしゃべりはできるようになるのだろうか?」などといった不安ばかりがぐるぐる頭の中を回っている私に、丸内園長先生は、終始にこにこで、うんうんと話を聞いて下さり、最後に、「大丈夫ですよお母さん、ちゃんと育っていきますから」と言われました。「ちゃんと育つ?」それはそうだろうけど・・・。あの頃の私は、同じ月齢の周囲の子どもたちと息子を比べたり、年中になれば、「早く字を覚えて」、「文章を書いて」等といったことばかりにとらわれて、毎日の生活を息子と一緒に楽しく過ごしながら心を育ていくといった一番大切なことがわかっていない母親でした。子育ても終盤に入りましたが、未だに多くの失敗を重ねている日々です。

 それでも、時々、ひばり園時代に丸内先生に言われていた言葉が顔を出し、「ああ、そうだった、そうだった」と私にブレーキをかけさせてくれます。毎年、ひな祭りの時期になると思い出す言葉があります。「今はひな人形を飾っていますけど、生活の中で、季節の行事を楽しみながら教えて行って下さいね。特に1年に1回しかないことは、毎年繰り返して教えていって下さいよ。例えば、お子さんと一緒にひな人形を出しながら、桃の節句だね、お内裏様とお雛様、可愛い顔をしているね、きれいだねなどと親子で話しながら飾っていくんです」。今年の3月3日も、ひな祭りのことをすっかり忘れて日付が変わる頃、この先生の言葉が、またひな人形を出せなかったことを反省させてくれました。閉店間際に駆け込んだスーパーで、トマトを見ると思い出す言葉があります。「例えば夕食の買い物にスーパーに行くでしょう。トマトを買うとするでしょう。トマトあったね。赤いね。あれ『くまもと』と書いてあるね。くまもとは住んでいるところだね等と話すでしょう。宮崎とか、鹿児島とか、あるいは長野とか青森とかあったら、帰ってから地図で、どこで作られた野菜だろうねとか、りんごだろうか?とかそんなふうに言葉を覚えたり、知識を身に着けていって欲しいんです」。私は、これができませんでした。保育園帰りにスーパーに行けば、「お母さんは忙しいから、黙って付いてきてね」といった感じで買い物を済ませると、急いで夕食を済ませ、「さあ今からお勉強。絵日記書いて!」といったなんとも慌ただしい毎日を過ごしてきたのです。今思えば、本当に子供達には悪いことをしたなと心から反省しています。日常の子供達との日々を、なぜもっと大切に楽しく過ごしていくといったことができなかったんだろうと。

それでも丸内先生はじめひばり園の先生方、通級指導教室の先生方、同じ仲間たち、保護者の方々の多くの温かい支援に支えられここまでくることができました。次男はまだ、中学校の通級指導教室の手厚い支援がありますし、長男が進学した高校もよくサポートしていただいています。みんなが応援してくれている今の環境から本当に社会に飛び込んだ時、どれだけ周囲の人に理解していただき、助けていただきながら自立した生活ができていくのかが問われます。近い将来必ずその日は来ます。その時のために、時々ひばり園に親子で雨宿りをさせていただきながら、残された子育てをまじめに楽しみながら、子供たちとの何気ない日常を感謝しながら過ごしていきたいと思います。

最後に、ひばり園の益々の発展を心よりお祈りしております。 

 

 

「 ひばり園35周年にあたって 」

                          平成5年度卒 松尾 康裕

 

 この度は、ひばり園開園35周年おめでとうございます。

 私は、27年前に入園し、4年間通園しました。もう20年以上も昔のことですが、このひばり園があったから、今こうして普通に生活ができていると思います。

当時は、週2回から3回、2時間近くかけて通っていたことを、今でも両親からききます。

それと同時に、毎回楽しみにして行っていたとも言ってました。

その当時、弟が入院したことがあり、母と一緒にいられず、保育園にも行きたくないと言ってた時期がありました。しかし、ひばり園なら行く!と父と通園していたようです。

そういう当時の話を聞くと、ひばり園に通うのが本当に好きだったんだと思います。

 卒園した今でも、当時の友達とは、たまに連絡を取り合ったりするし、結婚式には丸内先生にも出席して頂きました。そして、今でも難聴のことに関しては、たまに相談のっていただいています。

 今、私の娘も軽度難聴でひばり園に通園しています。初め、その疑いがあったときも、ひばり園に一番に相談しました。

 私が通園していた頃に比べると、園児も先生方も教室も増えました。しかし、子供たちの療育を頑張る姿、それを支えてくださる先生方の姿は、私が通園していた頃と同じだと思います。 

これからも、子供たちの成長とともに永く40年、50年と続くことを願います。

これからの益々の発展と御健闘をお祈りしまして、お祝いの言葉とさせて頂きます。

 

「就職活動を通して」

                                吉田 麻乃

ひばり園35周年、本当におめでとうございます。

鹿児島大学教育学部4年の吉田麻乃と申します。平成6年生まれの21歳です。

このような場で文章を書かせていただく機会をいただきましたこと、嬉しく思います。

自分が就職活動をしていく中で、考えていたことを書かせていただきたいと思います。

思えば、私はずっと、聞こえる人たちの中で、聞こえる人として生きていきたい、普通の人になりたいと思いながら生きてきたのかもしれません。その結果、「自分の難聴という障害の経験を生かして、誰かの役に立ちたい」と口では綺麗なことを言いながら、自分の障害を本当の意味では受容できていないという矛盾を抱え、苦しんでいたように思います。

高校を卒業し、小学校の頃からの夢であった、保健室の先生になりたいと思い、教育学部に進学し、実習にも行きました。そして、いよいよ教員採用試験のための勉強を始めたとき、私の信頼している大学の先生方に、教員の道を猛反対されました。今までで一番大きな挫折でした。私は、小学校からこの教員という道だけを考えて頑張ってきたのに、そんな自分の思いや努力がすべて、無駄になってしまった気がして、先生方を恨み、自暴自棄になっていました。

それでも就職活動をしないわけにはいかないので、とりあえず、色んな進路を検討し直し、丸内先生や大学の先輩、就職支援センター等、様々なところに相談に行きました。その中で勧められた、障害者用の合同企業説明会に参加することにしました。そこに行ったことは、障害者である自分をネガティブにしか捉えられない、そして、そのネガティブな経験を活かした仕事をすることしか考えていない私の狭い価値観を大きく変えてくれました。そこで出会った、ある企業の人事採用の方が、「あなたのその初対面の人と楽しく話ができる能力や話を聞く姿勢は、あなたが難聴という障害を持っているからこそ身に付けられたものだよね。向いている仕事はたくさんあるのではないかな。」とおっしゃってくださいました。その言葉を聞いて、はっとしました。障害がある私にだからこその、ポジティブな特性もあるのだと気付かされました。その企業は、多様性を大事にする企業で、私の障害を個性として捉えてくれました。表向きでだけでなく、一人一人の個性を活かした人事配置をする企業の在り方を聞き、ずっと障害をネガティブにしか捉えていなかった私にとって、とても魅力的に感じました。結果として、私の価値観や可能性を広げてくれたその企業に内定をいただくことができ、無事に就職活動を終えることができました。

そして就職活動を終え、先生方が私の教員になりたいという夢に反対したのも、障害を引け目に感じ、人に支援を求めることが苦痛でしかない私が、自分自身の支援を求めつつ、しかし一教員として、子どもたちに関わっていくという己の身を削るような働き方をする必要はないのではないかという私のことを思う気持ちからだったのだと気付きました。

 21年もかかりましたが、やっと聞こえる人たちの中で、聞こえない自分として生きていくスタート地点に立てた気がします。障害があるからこそ、今の自分があるし、不便だけれど、この自分も嫌いじゃないな、と綺麗ごとじゃなく思えるようになりました。母が、私の小学校1年生の時の、通級教室の文集で、「いつか母子ともに難聴でよかったと思えるようになれたら」と書いていました。そこに近づけたような気がしています。

私は、同じ難聴を持つ友人達を見ていて、同じ障害を抱えていても、難聴に対する思いや捉え方、自分らしくいられる環境は、人それぞれだと思います。辛く苦しい思いをすることもたくさんあるし、時間もかかりますが、自分らしくいられる場所を、模索して見つけていくことが大切なのかなと感じています。私もこれからも自分の気持ちに素直になって、模索し続けていきたいと思っています。

今の私は、たくさんの人に支えてもらい、かわいがってもらえたからこそあると思います。今まで支えてくれた、母を始め、家族、先生方、友人への、恩返しができるように、自分らしく、これからも昇進していきたいと思います。

 

 

 

「今の私、なりたい私」
                                山本 若奈


 ひばり園開設35周年おめでとうございます。私は今高校3年生です。そこで私の高校生活についてお話します。私は尚絅高校という女子高に通っています。入学したての頃はサポートなしで授業についていけるのだろうか、周りの人は難聴のことを理解してくれるのだろうか、など不安なことだらけでした。今になって思う事は、そんなに不安を抱えなくてもよかったということです。なぜなら周りの友達や先生方は私の障がいを知ろうとしてくれました。時には私が頼む前にサポートをしてくれました。おかげで私の高校生活はとても充実しています。そして、部活ではバレーボールをしていました。1年の時からレギュラーで出していただき、仲間がサポートしてくれたおかげで耳のハンデも気にすることな

く思いっきりプレーをすることが出来ました。高校生になってから周りの方々に対する感謝の気持ちが更に高まるようになりました。私はいま、ホテルマンになりたいという夢を持っています。高校を卒業したら、ホテルの専門学校に行きます。ホテルマンになるためには英語、中国語、韓国語を身につけなければいけません。難聴である私にとっては厳しく、とても大変ですが、どうしても叶えたい夢なのでひたすら努力をし、周りに負けないぐらい喋れるようになろうと思っています。きっとこれからが辛くなったり大変な思いをするのおもうのですが、自分の気持ちに負けずに前向きに考え、私らしく頑張っていきます!!そして、いつかひばり園に行ってホテルマンとして成長した私を見せ、親を安心させて少しでも親孝行できたらな、と!!!

みなさんも不安に負けずに夢に向かってがんばってください!!

 

「私の大学生活」
                                村里 栞

 

私は今、九州ルーテル学院大学に通っています。主に「心理」の勉強をしています。

心理には種類が色々あり、赤ちゃんの真理から動物の心理まで幅広く学んでいます。他にも精神福祉に関することだったり、障害について詳しく学んだりしています。

私が受けている講義全てにはパソコンテイクがついています。ルーテルには、障がいを持った学生をサポートする「学生サポートボランティア」があり、50人くらいの学生ボランティアさんがいます。1つの講義に2人のボランティアさんがパソコンテイクをして下さいます。

今まで1年間はパソコン同士を有線で繋いで、座る席も固定されていたのですが、4月からは無線で電波を飛ばして通信ができるようになるので、好きな席に座ったり、友達と一緒に座って講義を受けたりする事ができるようになります。とても楽しみです。

 

講義の空き時間には、友達と学校でピアノを弾いたり、お喋りしたり、学校周辺を散歩したりして楽しんでいます。

サークルでは、他の学科やコースの人と関わることができるので、友達がたくさんできます。私は、ダウン症支援部に所属しています。

私の担当は、主に0歳から3歳のかわいい子どもたちと一緒に活動することです。とてもかわいくて癒されるのですが、大変なこと、つらいこともあります。

 

大きなイベントごとに、朝の9時から夕方6時までの長い会議が3、4回あります。毎回の会議に30人くらい参加し、たくさんの人が発言するので聞き取ることがとても難しいです。初めて参加した時は、ほとんど聞き取れなくて悔しい思いをしました。

しかし、自分からここはこうして欲しいと細かく伝えないと何も変わらないと思い、先輩方や周りの友達に協力してもらい、ノートテイクをしてもらったり、FMマイクを回してもらったり、発言する時は口元が見えるように前に出てもらったりと、たくさんお願いをしました。そのお陰で、今は会議の内容がほぼ分かるようになりました。

 

私は、ルーテルを選んでとても良かったと思っています。

私と出会って特別支援の先生になりたいと思ってくれた人や、手話を覚えたいと言ってくえた人など、様々な方に出会うことができました。

友だちもたくさんでき、素敵な環境に恵まれて幸せです。

まだ、将来の夢は決まっていませんが、大学でしか出来ない経験をいっぱいして、勉強も頑張りたいと思います。

「大学・就活・就職 そして今」

中渡瀬史彰

 

今日は私のこれまでの経験を中心にお話ししたいと思います。1歳半で聴覚障害がわかり2歳からひばり園へお世話になりました。ひばり園卒園後、難聴学級のある健軍小学校・湖東中学校へ行き、東稜高校までを熊本で過ごしました。その後、宮崎大学農学部食料生産科学科へ進学し、そのまま宮崎大学大学院農学研究科へ進学・卒業しました。2012年に三菱電機ビルテクノサービスへ入社し現在に至ります。今回は小学校以降、特に就職活動と就職後に重点を置いてお話ししたいと思います。

まず私の障害の程度についてです。右100db、左はスケールアウトで補聴器が無いと全く聞こえません。普段の会話は相手の口を見て行います。手話は小学校の時に少し勉強したのですが、使う機会が無く今は指文字ぐらいしかできません。

2歳よりひばり園に週3回通い、ひばり園が無い日は家近くの幼稚園に通っていました。ひばり園ではことばや文字の練習、聴能訓練や発音練習が中心でした。新聞の切り抜きや絵日記なども行っていました。新聞の切り抜きは訓練ということだけではなく、時間が経って振り返ったときに当時このようなことがあったな、と記録として残せるのでお勧めです。家では母親とことばや文字、発音練習の繰り返しでした。家具に名前を貼ったり、風呂場に文字を書いたりということをしていました。今このように話すことができるのは当時の訓練のおかげです。

生まれは熊本市の西の方で、ひばり園まではそこから通っていたのですが、小学校入学に合わせて健軍へ引っ越してきました。健軍小学校では同じ学年に4人の難聴生徒がいました。難聴学級では国語の授業と発音練習が中心でした。難聴学級保護者の活動で全教室のイスにテニスボールを設置してもらい、それ以降は机・イスを引く際の音が軽減されました。4年の時からは算数の授業も難聴学級で受けました。また、全校集会などではOHPを、普通学級での授業でも必要に応じて要約筆記を依頼していました。

湖東中学校にも難聴学級があり、国語と英語を受け、それ以外の科目は普通学級で受けました。英語は中学校からの科目であり、聞き取りが難しいため、難聴学級で受けることができたのはすごく助かりました。中学校では音楽の授業にも苦労しました。歌うことはもちろん難しいのですが、試験にも実技が含まれていたことが苦労した理由です。筆記試験もあるのでそちらで満点に近い点数を取るなど頑張ったのですが、やはり実技の評価が影響し、3年通して音楽の成績は一番悪かったです。中学校では学校の野球部に入らず、クラブチームに入っていました。クラブチームのほうでチームメイトとうまくいかず、やめようと思ったこともありました。中学校の野球部に入っていたら、同学年に難聴生徒が2人おり、楽しく部活動をすることができたのかな、と思います。野球をやるのは中学校までとの思いで、クラブチームで3年間やり遂げました。

 

その後熊本県立東稜高校に入学しました。高校入試にはリスニングがあったため、リスニングは別室受験という措置をとってもらいました。高校入学が決まったあとに面談があり、聴覚障害について、授業はどのように受けるのか、体育は問題なくできるのかなど、高校側も難聴生の受け入れは初めてだったため、不安な部分があったようです。東稜高校でも椅子にテニスボールを付けてもらうようお願いするつもりでしたが、実際に付けようとしてみると木の机に木の椅子で脚が太くテニスボールがはまりませんでした。また木の床だったため従来のような音がまったくしませんでした。まずここで、東稜高校で良かったと思いました。県立高校に受かったため、高校でも野球を続けることにしました。野球部で一年生は応援や道具運びなどが中心なのですが、応援の際に何人かのチームメイトから「歌え」と言われたことがありました。聞いて真似をすることはできないので、歌うことができないというのはつらく、言われることもつらかったです。なんで理解してくれないのだろうか、と思いました。そのようなことがあり、ある日野球部をやめると親に話しました。親から野球部の先生へ話してもらい、野球部の先生から引き止められ、チームメイトにも先生の方から話してもらい、野球部に残ることにしました。その後はチームメイトからも言われることはなく、自分も試合に出るようになってからは楽しく野球をすることができました。最後の大会が終わった時は、このメンバーで野球することができて良かったと思いました。

最後の大会が終わってからは大学受験に向けた勉強の日々でした。ある日、ある企業を障害者枠で受けないかとの話をいただきました。すなわち、就職するか、大学進学するかを決める必要が出てきました。3日くらい悩んだと思います。その企業も魅力的であり、ここで就職すればお金も稼ぐこともできます。反面、大学を経験したいという思いもあり、決め手は東稜高校が進学校だったこと、クラスメートのほとんどが進学に向けて勉強する中で自分だけ先に進路が決まるというイメージができなかったことだと思います。現在でもその選択は間違っていなかったと思っています。受験勉強の方法は様々だと思いますが、私は毎日決めた時間をコツコツやっていくという感じだったと思います。まずセンター試験があり、センター試験の成績によって志望校を決めるのですが、センター試験の成績が良くなく、担任の先生と受けられる大学を必死に探した記憶があります。前期で大分大学、後期で宮崎大学を受験しました。宮崎大学は面接があったため、担任の先生から大学の方へ聴覚障害のことについて連絡してもらいました。宮崎大学の方からは、「農学部は実習が多くトラクターの運転とかもあるけど大丈夫か?別の学科だったら実習が少ないのでそちらが良いかも」と返事をいただき、当初受験をしようとしていた地域農業システム学科から食料生産科学科へ変更しました。試験は面接官が5人おり、面接官が話されるときはマイクをまわしてもらうという形でした。結果、合格することができ20064月より宮崎へ移ることになりました。

 

 大学1年の時は、専門的な講義はあまりなく、基礎的なこと、英語や第二外国語の講義がありました。第二外国語は選択制であり、フランス語・中国語・ドイツ語から選ぶのですが私はドイツ語を選択しました。すべての講義でFMマイクを使用してもらい、単位を落とすこともありましたが留年することなくできました。食料生産化学科は2年目から動物系と植物系に分かれることになっており、私は植物系を選択しました。動物系の講義はあまり受けることが無かったですが、学科共通の行事として牛の24時間行動観察という宮崎の農学部ならではの経験をすることもできました。その後、口蹄疫の影響で大学の牛も甚大な被害を受け悲しい思いをしたこともありました。

 2年の終わりから研究室に所属することになり、私は応用昆虫学研究室に入室しました。応用昆虫学の内容〜。研究室の教授も聴覚障害に配慮をしてくださったのでゼミなどやりやすかったです。3年目は、午前中は植物系の講義、午後は研究室での活動が中心でした。研究室での活動は農家さんのハウスや畑の調査をしたり、研究室の畑で作物栽培をしたりでした。大学受験の際に心配していただいたトラクターについては、地元の農家さんから冗談だと思いますが「トラクターのプロだ」と言われるほど得意になりました。また草刈り機や耕耘機なども使いこなせるようになりました。このような農業資材は危険が伴うことに変わりはないのですが、使い方を正しく覚え、周りを注意深く見ることができれば安全だと思います。余談ですが、畑の真ん中でトラクターのバッテリーが上がり、私の車で救出に向かったところ、私の車も畑にはまりJAFに救出してもらうといったこともありました。

 大学3年の終わりに就職するか、大学院に進学するか選択する必要が出てきたのですが、私は大学院に進学することを選びました。理由としては農業系の企業に、また技術職で就職するのには大学院まで進学しより専門的なスキルを身につけた方が有利と考えたからです。大学院の入試が8月のため、4月から試験勉強を始めました。大学院試験の科目は英語・専門(応用昆虫のみ)・面接の3科目で、専門は普段から勉強していることなので難しいことはないのですが、英語は全員共通であり、英語の成績が重要であるといっても過言ではありませんでした。英語はこれまで述べてきたように、高校以降は苦労してきたので不安しかありませんでした。英語の試験は読解なので単語力を増やすべく英単語帳をひたすら覚えること、また院試の過去問を解くことを繰り返しました。試験勉強で必死に覚えた単語が英語力のアップにつながっていることを後で実感しました。

 試験は無事に終わり、そのまま大学院に進学することになりました。大学院の2年間は短かったような気がします。研究も自分のテーマを持ち、ひたすら実験という感じでした。大学院で一番印象に残っていることは修士論文です。修士論文は枚数も多くそれだけ文章を書かなければなりません。また参考文献や引用文献の数も重要になってくるのですが、海外の論文を読む際に知っている単語が多いほど調べる手間も省け、それがこなせる論文の数にもつながります。文法などは苦手ですが、論文の数をこなすことで読むレベルも上がってきました。多くの論文を読んだことは今でも自信となっています。

 

 ここから私の就職活動について話したいと思います。就職活動は大学院の研究と並行して行いました。農業系を中心に探していたので、宮崎県外がほとんどでした。ある企業の説明会は東京・大阪であり、そのたびに宮崎から出ていました。九州は福岡であることが多く、福岡も車やバスで4時間くらいかかるため宮崎での就職活動は苦しかったです。就職活動はまずマイナビやリクナビといった専用のサイトを使い、各企業にエントリー(申し込み)をするところから始まります。クローバーナビやサーナなど障害者専用のサイトもありそちらも併用して使っていました。これは障害者枠で募集をする企業が募集をだしています。障害者専用のサイトでは農業系はほとんどかったため、一般のサイトが中心でした。就職活動は大学の研究と並行して行っていたため、面接のために23日空ける必要があり、研究の方も3日空けることはできず、面接をあきらめたこともありました。これは大学・研究室の環境によって様々だと思いますが、私が所属していた研究室は就職活動をするのには不向きでした。公務員にも障害者枠がありますので福岡市、鹿児島市、宮崎市なども受験してきました。結果、どこにも受からなかったのですが、現在の会社にもエントリーをしていました。エレベーターや空調設備のメンテナンスを中心とする会社であり、農業系とは全く異なります。なぜ、分野の異なる会社にエントリーしていたのかというと、私の父親が勤めている会社であり、私自身も小さいころから会社の行事に参加していたことなど、親近感があったからです。

 就職活動の基本的な流れはエントリーする。エントリーシートを出す。企業が開催する説明会に行く。一次審査に通ったら二次三次で面接を行うといった感じです。大企業になると内定までに面接が3回以上あるといったところもあります。

 現在の会社も、エントリーシート・説明会・面接といった流れだったのですが、説明会当日、研究室の実験が終わらず朝までかかりました。その日は寝ずに福岡へ向かったのですが、前日寝ていないこともあり「もう受けなくても良いかな」と思っていましたが、受けるだけ受けてみようと思い、頑張って福岡に向かいました。エントリーシートを出したあとで気付いたのですが、工業系の会社なのに技術職で申し込んでいました。説明会の際に、人事担当の方に技術職で申し込んだので事務職に変更したいこと、また障害者枠採用があるかについても聞きました。結果、エントリーシートを通過することができ、後日面接となりました。その面接でも親身になって話を聞いていただきました。

 面接の結果、当時の総務部長から父親の方に「一般枠で採用、今後も就職活動を続けてよい」と内定という形で連絡をいただきました。その後も就職活動続けましたが他に内定をもらうことはできず、2月頃、現在の会社にお世話になるか、来年再度公務員を目指すかの選択になり、再び悩みましたが就職する方を選びました。

 研究室の先生からも2社紹介していただき、そこで受かることができていれば当初の希望通り専門的な分野に技術職で就職できていたかもしれません。就職活動で結果が出なかった原因に聴覚障害の影響があったのかは分かりませんが、自分の実力不足が一番大きな要因だったのではないかと今は思います。厚生労働省のホームページに障害者雇用について記載されています。簡単にまとめると、企業に対し「雇用する労働者の2.0%に相当する障害者を雇用する事」を義務付けており(障害者雇用率制度)、「これを満たさない場合は納付金を徴収する(障害者雇用納付金制度)」というものです。実際企業がどのような対応をしているかは分かりませんが、健常者以上の能力がある、障害者枠で採用するメリットがあると企業が判断したら採用に至るかもしれません。これは私の考えですが、就職活動に臨むにあたり、「健常者には負けない」「健常者以上に能力がある」といった姿勢を見せることが重要なのではないかと思います。私は他の大学生と同じ流れで就職活動を行いました。障害者には障害者なりの就職活動の方法があるかもしれません。

 

大学以降1人暮らしですが基本的な生活は不自由なくできています。一人暮らしを始めた当初は不安でいっぱいでした。一番不安だったことは起床です。高校までは実家暮らしだったので毎日母親に起こしてもらっていました。高校のとき、一日だけ両親がおらず一人で寝たことがあります。万全の対策をして寝たのですが、携帯のバイブレーションだけでは無理がありました。高校生活でたった一度の遅刻となりました。今となっては良い思い出です。大学で一人暮らしを始めてからは時計と振動が一体化した、ベッドの下に置く振動式時計を使っています。大学時代、何度か寝坊をしたことがあるのですがそれは自分に原因があるものでした。目覚ましを止めて二度寝、もしくは夜更かしをして目覚ましに反応しなかったというパターンです。振動式目覚まし時計で朝の問題は解消されました。現在も目覚ましを2個使用しています。1個は持ち運びがしやすいコンパクトサイズで、出張などの際は必ず持って行っています。

他に一人暮らしで苦労することは電話です。宅配便の再配達依頼など電話が必要なときに困ります。代わりに母親に要件を聞いてもらったりしていました。現在も母親に頼むことがあります。今はインターネットで再配達依頼が出来るようになり前に比べて便利になったのですが電話は苦労します。

 201241日より入社し、配属先は九州支社品質保証部でした。現在の職務はエレベーターに関することが中心であり、例えばエレベーターの品質を向上させるための対策指示が本社より発行され、それを支社版へ修正し発行するといった業務を担当しています。他にはOA機器(パソコン)の管理や特許関連の業務補佐をやっています。入社してすぐはパソコンでのデータ入力作業、上司の指示を受けリストを作成するといった作業が中心でした。また時間もありましたのでエレベーターの構造について勉強する日々でした。パソコンは大学院時代にも活用しており、文書作成ソフト(word)と表計算ソフト(Excel)の基本的な作業はできるものと思っていました。実際は本当に基本的なこと(文字を入力する、単純な計算をする、表を作る)しかできず、上司に厳しく鍛えられました。大学と会社では使用する目的が異なるため仕方ないのですが、レベルの違いを痛感しました。厳しい指導のおかげで、現在は問題なく使うことができるようになりました。パソコンの技術については会社で経験をつめば上がると思います。基本的な使い方、そしてタイピングができれば有利かと思います。タイピングの速さはメール作成など仕事をこなすスピードにもつながります。分からないことがあったらすぐに聞くのではなく、まずは自分で調べてみるというスタイルもここで教わりました。分からないことを聞くことは大切ですが、まず自分でやってみることが一番大事なことではないかと思います。聞いて教えてもらうよりも、自分で調べて、トライしてみてできたときの方がより身につくと思います。会社では会議などにも参加する機会があります。会議の際はFMマイクを使用するのですが、多方向からの発言が飛び交う場で聞き取るのは難しいです。分からないところは聞いたりしていますが全部を把握することは難しいのが現状です。他の人たちに比べて入ってくる情報が少ないため、過去の資料から調べるなど文字で理解することが必要となります。

 4月に熊本で大地震が発生しました。2回の大きな地震の際、私は福岡にいたのですが、4月18日から応援として熊本支店へ向かいました。自分が応援として向かうことは全く予想しておらず、3週間も滞在することになるとは思っていませんでした。それだけ被害が甚大だったのですが、復旧対応に関わることができたのはとても大きな経験となりました。私の業務は被害状況・復旧状況のデータをまとめ、日々更新することが中心でした。今回の震災に限らず、緊急時はスピードが求められます。スピードが求められる場で早くかつ正確にこなすことができるのは日ごろの積み重ね、基本の繰り返しが重要だと考えています。

 就職活動の部分で述べましたように、私は一般職で入社しました。入社3年目の終わりに総合職への転換試験を受験する機会をいただき、4年目より総合職になることができました。入社前に当時の総務部長に「総合職への転換を目標に頑張ってほしい」と言われていましたが、入社4年目で転換試験を受験することができるとは思っていませんでした。これは品質保証部の上司が総合職への転換を目標に指導をしてくださったおかげです。当時の人事担当、総務部長、そして品質保証部の上司方との出会いに感謝しなければと思っています。当初は父親が勤めている会社であり、父親のおかげで入社することができたという思いが強かったです。父親の存在が一番大きかったのは事実ですが、現在は品質保証部の一員として自信を持って仕事することができています。

 ここまでが私のこれまでの歩みとなります。聴覚障害があることで色々なことを言われ、周りとうまくやって行けず、つらい思いをしたこともありました。聴覚障害の程度や人によって考え方は異なるかもしれませんが、聴覚障害は悪いことばかりではないと思っています。たとえば、聴覚障害があるおかげで色々な人と出会うことができ、人の良さが分かりました。また補聴器をつけているおかげで他の人より顔を覚えてもらいやすいというメリットもあると思います。会社では仕事中に会話が飛び交い、聞こえた方がいい時もありますが、他の人に比べて集中することが出来ます。今、職場の入っているビルが外壁工事中で私でもうるさいほどの音を出しており、普通の人は耐え難いと思います。その時私は補聴器を切って仕事をしています。など聴覚障害者ならではの利点もあると思います。

 聴覚障害について小さいころは気にならなかったことが大きくなってから不自由に感じる、その逆で大きくなってからは不自由を感じることはなくなったということもあると思います。今後困難に直面することもあるかもしれません。大事なのは聴覚障害を理解しうまく付き合っていくこと、そして努力をすることだと私は思っています。

 

 

 

 

開設30周年祈念体験発表会が平成23年7月31日に行われました。卒園児さんから色々なメッセージを伝えてもらいました。

『私達からのメッセージ』

 

『私 の 15 年 間 』 中山 紀子(平成13度卒園 )

みなさんこんにちは。私は現在、熊本信愛女学院高校の情報ビジネス科の1年生です。

改めまして、ひばり園30周年おめでとうございます。

私が、ひばり園に通い始めたのは1歳3カ月ぐらいだったそうで、5年間通いました。

私は4人姉妹の末っ子で、2番目の姉も難聴です。だから、母は、私が生まれた時から「この子はきこえているのだろうか?」とずっと心配したそうです。3カ月検診の時、鈴の音に反応が、にぶかったことから疑い始めたそうです。その後、母なりに反応のチェックをしていましたが、熊本に引っ越すということが決まり、検査をし、判明したのは、1歳の頃だったそうです。私が、自分できこえないと分かったのは幼稚園のころだったと思います。

 それで、幼稚園時代は、普通の幼稚園とひばり園の2つに通いました。ひばり園のことで覚えているのは、グループのみんなと遊んだことです。特に、誕生日会やお泊まり会などが一番印象に残っています。

小学校では、同じ学年に難聴の人は私以外1人もいませんでした。でも、先輩に難聴の人がいて少し安心しました。入学式の時に、私の隣でサポートをしてくださった先生がいたことにはとてもびっくりしました。その方は、難聴教室の先生でした。難聴学級の先生には、小学校6年間共に勉強だけではなく、色々な行事や生活面でも、ビシバシと指導して下さいました。小学校の頃の私は、難聴学級先生のおかげで手話も少し覚え、困ることはあまりありませんでした。だから、楽しい小学校生活を送ることが出来ました。この先生と出会えたことで、色々なことを教わり、覚えることが出来ました。とても感謝しています。

小2の時に、私はピアノを習い始め、中2まで習い続けました。母は、私に歌の音程やリズムなど分かるように習わせたそうです。そして、小3の時初めての発表会があって、緊張しましたが、最後まで弾くことが出来ました。ピアノを習ったおかげで、音楽が好きになり、歌も好きになりました。

 中学校では、ひばり園時代の友人と、共に入学することが出来、自然と手話を使うことが多くなりました。ここで私の人生で、辛かったこと、嬉しかったことを少しだけ話したいと思います。

 まず、嬉しかったことは、中学生になってから、手話を覚えてくれた人ができたことです。

休み時間、私達が手話で話していると、ある2人の友達が、私達の手話のやりとりを見て真似をしてきました。そしたら、その友達が「手話を教えて。」と言って来ました。その人には指文字を教えました。すると、わずか数日で全部覚えてくれたのです。それには、私の方がびっくりしました。こんなわずか数日で覚えてくれた人は初めてだったからです。

 私の成績が悪かった時、本当は努力不足だったのに、私は「聞こえない」せいにしたことがあります。また、反対に本当はやりたいのに「聞こえない」ためにあきらめたことがあります。こういうのが1番悔しいです。 

 中2の3学期に、学年のみんなの前で手話を使ってスピーチをしました。そのおかげで、みんなは、耳のことを納得してくれました。あの時、スピーチをして本当に良かったと思います。

高校では、科やクラスは違いますが、ひばり園時代の仲間3人が同じ学校になりました。先生方も最初は戸惑いがあったようですが、早速テニスボールを椅子につけてくれたり、話し合いをしてくれました。困った時は「メールして」と担任とメアド交換をしました。最初は友達が出来るか不安でしたが、1人の友達が、偶然私に手話を見せ、上手に使っていて、とてもびっくりしました。私が「どこで覚えたの?」ときいたら、「『さんぽ』とか、『世界中の子どもたち』の歌で手話の振り付けで覚えた」と言っていました。本当にうれしかったです。それに、耳のことの話もしました。友達が「のんちゃんは、補聴器とったらきこえんの?」と聞かれました。私は、「うん。外すとまったくきこえんよ。」と言ったら、友達は「補聴器があると周りの音とか分かるの?」と聞かれて、私は、「ほとんどきこえるわけじゃないけど、大体きこえるよ。」と答えたら、友達は「補聴器があってよかったね。」と言いました。友達と耳のことを話したのは、高校生になって初めてでした。とても嬉しかったです。また、その友達が風邪をひいてマスクをしているのに、口を見せないと分からない私に、「マスクしてると分からんよね?」と気付いてくれて、本当にびっくりしました。私のこと分かってくれるのを嬉しく思いました。その友達は日常生活でも、少しだけど「一緒に帰ろう」や「ありがとう」など手話を使ってくれています。そして、私が分からない時、口を大きく開けてゆっくり話してくれたり、筆談をしてくれます。とっても楽しい高校生活です。

反対に辛かったことは、他の人の言っていることが分からない時です。それは、毎日の生活でよくあります。

学校では、みんなが何を言っているか分からない時が時々あります。その時には、「何て言ったの?」とか、「何の話?」など、友達に聞いたりしています。

また、集会や授業中でも、先生が言っていることが分からない時があります。集会の時は、後で先生や友達に、集会での話の内容を聞いたりしています。授業中はFMマイクを先生に渡して、、先生がFMマイクを使ってくれると授業の内容がわかりやすくなります。

もちろん家でも、家族みんなが何を話しているのか分からない時があります。特に、TVを見ていて家族が大笑いしているのに、自分だけ分からない時はすごく気になります。それで、すぐ母に「何て言ったの?」と聞きます。字幕がついていれば、すごく分かりやすいし安心です。また、みんなと同じタイミングで笑えます。私は、全局のテレビ放送に字幕がついていてほしいなと思います。

 最後に、私事ですが、難聴の2番目の姉は、旦那さんも子どもも難聴です。甥っ子の成長を見ると、親が私を育てた時、本当に苦労したんだなと思いました。親に感謝の気持ちでいっぱいです。甥は今1歳10カ月で、言葉はまだまだですが、手話を少しずつ覚えていっています。また、テレビが大好きで、ダンスや歌など色々なことを覚えていっています。遠く離れていますが、テレビ電話で1つ1つ成長を見せてくれます。そんな甥が話せるようになることがとても楽しみです。

 ここまで、今の自分がいるのは、親や家族、今まで出会った先生方のおかげです。これからは、充実した高校生活を送り、自分が就きたい仕事のために、自分なりに努力して頑張っていこうと思います。

 ひばり園は、同じ難聴の友達と出会えるし、色々なことを学べる所です。これからも、40年50年…続いていて欲しいと思います。

 

    『 将 来 の 夢 』 小山佳祐(平成13年度卒園)

 皆さんに夢はありますか?

夢といっても、やりたいこと、将来の職業など様々な夢がありますね。僕は、将来の夢を、ここ『ひばり園』で見つけました。それは、将来、ケーキ職人のパティシエになることで、パティシエになりたいと思ったきっかけは、僕が5歳の時、ここ『ひばり園』で、グループ活動をしていた時でした。

僕の5歳の誕生日の翌日、ひばり園でグループ活動がありました。その日のグループ活動に僕の誕生日会で『かき氷ケーキ』を作ったのを今でも、はっきり覚えています。自分たちで作ったケーキが美味しくて『いろんなケーキをもっとたくさん作ってみたい。』と思ったのがきっかけでした。

それから、ひばり園のお勉強で『ホットケーキ』を作ったり、家でお菓子作りをするようになりました。

小学3、4年の夏休みには、僕の叔母(母の妹)の友達のケーキ屋を教えてもらい、ケーキの作り方を教えてもらったり、お手伝いをしたりしました。

中学3年のゴールデンウィークには、本格的な修行に行きました。その時は小学生の時より厳しく、怒られもしました。やはり、一つのことを成し遂げることは大変だな〜と思い、くじけそうになった事もあったけど、やはり達成感のほうが大きかったです。

この体験を通して、一層パティシエになりたい気持ちが強くなりました。

僕は今、城北高校の調理科に通っています。そこで、調理師になるための基礎や技術を学んでいます。部活動ではバレー部に入り、『春高バレー』を目指しています。それから、熊聾バレーにも所属し、聾のバレーでも、日々練習を頑張っています。

僕は、パティシエになる夢をあきらめません。そして、いつか自分の店を開いて、お世話になった人や先生方に、自分のケーキを食べさせてあげたいです。

 最後に一つ、後輩達に伝えたいことがあります。

それは、『夢を持とう!』です。どんなに小さな夢でも、あきらめない。信じる。それが出来れば、夢は、きっと叶うでしょう。もちろん、困難はつきものです。その困難を乗り越えてこそ、夢が実現するのです。

僕も『パティシエになる。』という夢が実現するように、あきらめずこれからも突き進んでいきます。

 

   

『高校生になって思うこと』 吉田麻乃(平成12年度卒園)

                     

 私は、平成6年12月31日生まれの16歳・高校2年生です。大晦日の夕方4時過ぎに生まれたそうで、「あと8時間待ってたらお正月だったのにおしかったね。」とか「生まれたときから間が悪い」とか言われたりもしますが、それも私らしくていいかなと、大晦日のお誕生日も気に入っています。高校は第二高校で弓道部に所属しています。部活と勉強の両立は大変ですが、まぁなんとかやっています。

私は今高校生になって、自分の難聴について感じていることが2つあります。1つは小中学校のときは本当に自分たちは恵まれていたんだなということです。そして、そういう環境を整えてくれていた、先生・周りの友だち・家族に本当に感謝しています。小、中学校のときは、どの先生方も、友だちも私が難聴であるということを知っていてくれてそれ相応に接してくれました。

でも今は、初めてしゃべる人や教えていただく先生はほとんど私が難聴だということを知りません。だから授業中にFMマイクをつけてもらうときも、初めてマイクをつけてもらう先生には自分で説明しています。また、生徒の数も一学年400名と多く、私が難聴だと知っている人はクラスの友だち以外ほとんどいないのかなと思います。それでも、わかっている先生は授業開始前に私の席まで「マイクはー?」と取りに来て下さったり、マイクを忘れたときはいつもより大きい声で授業をしてくださったりします。話のテンポが速くて話が分からないことも増えた気がするけど、友だちも私が分かっていないと気づいたときは教えてくれたり、本当にいろんなところで助けてもらっています。中学までの恵まれていた環境がなくなったことで、これまでそして今、自分が助けてもらえることがどれだけありがたいことなのか気づくことができたと思います。

2つ目は小中学校の時より積極的になれたということです。今までは、自分の中で勝手にグループを作って自分のグループ以外の子とは話さないという感じで、友だちに対して自分で壁をつくっていたのです。自分から知らない子に話かけるなんてしたことがありませんでした。でも高校では誰も知っている人がいないのでこんな壁なんか作っている場合じゃない!!!と思い、とにかく話しかけまくっています。おかげで他のクラスにも友だちもたくさんできました。今までの自分だったら、そんなことあり得なかったと思います。仲のよい友だちができたから勉強は大変だけどがんばって学校に行けるし、中身の濃い充実した学校生活を送れていると思います。

今まで生活してきたなかで、自分は本当に色々な人から助けてもらっていると感じることが多くなりました。これからも感謝の気持ちを忘れずに、毎日を精一杯がんばっていきたいと思います。そして私の今の目標は来年度の大学受験を無事に突破して大学生になることです。私ががんばることで、私を支えてくれた先生方・友だち・そして家族への恩返しにもなるのかなと思います。

 

  『部 活 動 を 通 し て 考 え た こ と』西嶋 宏騎 (平成12年度卒園)

こんにちは。西嶋宏騎です。

 熊本北高校に通っている高校二年生です。部活動は水泳部に入っていて、キャプテンをやっています。部員が男女合わせて十六名いるので、まとめるのが大変です。そして、すごく忙しいです。自分でもあまりの忙しさにびっくりしました。でも、そうやってキャプテンの仕事をこなしていくうちに、毎日が充実してきたように思います。

 私は、両耳が聞こえなく、右耳は補聴器をつけてもほとんど聞こえないくらい聴力が悪いです。だから、補聴器は左耳だけつけています。部活で泳ぐ時はもちろん左耳にかけている補聴器をはずして泳いでいます。補聴器をはずしている間は音や声がほとんど聞こえないけど、部活仲間たちが、わかりやすい声で話しかけてくれるので、すごく助かっています。だから、聞こえないことに対する不安はあまりありません。そういう部活のしやすい環境を作ってくれている水泳部のみなさんにはすごく感謝しています。

 私が部活をやっていて感じたことは、目標を持つことの大切さです。目標を持たないのと持つのでは、すごく差があると思います。目標を持った方が、確実に結果が出せるし、目標に向かってがんばることで毎日が充実してくることに気が付きました。今の自分の目標は、次の水泳の大会で九州大会の標準記録を突破することです。夏休みは時間がたくさんあるので、部活をよりがんばるいい機会だと思います。ですので、たくさん泳ぐつもりです。

 私は左目が病気で見えません。でも、他の人よりも不利だとか思わずに、前向きに生活していくことが大事だと思います。私は小学校の頃にバスケ部に入っていました。左目が見えないけど、努力すれば周りと同じくらい上達できることにそこで気付くことができました。だから、バスケ部に入ってよかったなと思っています。

 最後に、私が一番伝えたいことは、いろんなことを経験して欲しいことです。経験は自分に役に立つし、それが積み重なると、大きな力になります。

 以上です。ありがとうございました。

 

  『大学生の今(として)思うこと』 岩崎 礼佳(平成7年度

 ひばり園30周年おめでとうございます。

私は、平成7年度卒園の岩崎礼佳です。ひばり園25周年のときも、このように皆さんの前でお話をさせてもらいました。あれから、5年も経ち、本当に早いと実感しております。現在は、福岡教育大学の特別支援教育教員養成課程に所属しています。今この機会に、ひばり園のことを思い出し、今大学生の私が思うことをお話しさせていただきます。

私が聴覚障害ということがわかったのは1歳半頃でした。そしてひばり園に通い始めました。正直あまり覚えていませんが、当時はとても人見知りだったそうです。ただ、ひばり園では、今の私にとってとても大切なものを得ることができました。それは、仲間です。同じ障害を持つ仲間として悩みを分かりあえるとても大切な存在です。ひばり園を卒園してから、小中学校のときにはあまり会う機会がなく、英語検定等でたまたま会うくらいでした。高校入学の春に、自分たちで集まることを計画し、それを機会にメルアドの交換などを通して、同じ障害を持つ幼なじみと言う意識ができました。それからは時々街に遊びに行ったり、三井グリーンランドに行ったりと楽しむようになりました。成人式のときや今年の正月のときにも同窓会を開き、この仲間が今の私にとっては、ひばり園を通して得た一番大切なものです。今はそれぞれ社会人になった人、大学で県外に行ったりとバラバラになってしまってなかなか集まることができていませんが、これからもずっとすばらしい仲間でいられると思います。

現在、私は福岡で1人暮らしを始め、大学3年になりました。大学では、特別支援教育について日々学んでいます。休みの日には、障害児・者を対象とするボランティアにたくさん参加しています。聴覚障害児対象だけでなく、肢体不自由児や知的障害児のキャンプにも参加し、日々たくさんの新しいことを発見し、学んでいます。今までは、支援を受けてきただけの私でしたが、ただ支援をするだけでなく相手の立場になって考えなければならないということを強く実感しました。発語のない子どもの気持ちがなかなか読み取れなかったり、私の力が弱いために車いすにスムーズに乗せれなかったりと悔しい思いをすることもたくさんありました。でも、ご飯の時になかなか口を開けなかった方が初めて口を開けてくださったときの喜びは今でも忘れられません。ボランティアは本当に新しい出会い、新たな発見がたくさんです。

そして、大学に入ってから、もう1つ頑張っていることがあります。それは手話の会です。最初、ろうの友達ともっとたくさん話せるようになりたいな、自分が聞こえなかったときに少しでも助けになればいいな、という軽い気持ちで習い始めました。ところが、大学に入ったばかりのころ、たくさんの先輩方が手話を使って話しかけてきてくださりました。正直、とても驚きました。今までに自分が手話で話しかけてもらった経験がなかったからです。最初は手話を使って話しかけられることに違和感がありました。でも今では、手話を使って話してくださることがとてもありがたいです。そして、今、たくさんの友達が手話を使って話してくれる人がいるため、安心して話に入ることができるようになり、今がとても楽しいです。手話と出会って、少しずつですが自分の障害の厳しさを認めることができるようになりました。今までは友達がゆっくりと話してくれたり、口形を読み取りながら会話をしていたのですが、手話を使い始め自分にも手話は必要なんだと感じるようになりました。

 聞こえない友達や聞こえる友達と、手話を交えて会話ができるようになったとき、こんなに自信を持って会話に入れるという喜びを初めて味わいました。会話が完全に分かるということはこんなに気楽で楽しいことだったんだと気付き、少しショックでした。それは、自分が今までいかに適当なコミュニケーションをとってきていたのかという苦しい気付きでもありました。今までにどれだけたくさんの情報を漏らしてきたのかということ、本当は聞こえてないけれどどれだけたくさん「聞こえる、大丈夫」と言ってきたかということにも気付かされました。今まで、ずっと健聴の世界で育ってきた私は、知らず知らずのうちに、緊張を強いていいたのかもしれません。手話を学んでから、私自身が自分の障害と向き合うことができるようになり、とても大きく成長できたと思います。

確かに、障害を持っていることで、嫌な思いをしたこと、苦しかったこと・・・たくさんあります。「聞こえる方が楽だったのに」と今でも思うことはよくあります。でも、誰もができない、こんなにもたくさんの経験をできる私は、とても恵まれていると思います。私は、障害を持って生まれてきたことに後悔はしていません。そう思えるのは、今まで私を支えてくださったたくさんの方々のおかげだと思います。その感謝の気持ちを忘れずに、私も将来、誰かの支えになれる教師になれたらいいいなと思います。

私はこれまでにいろいろなことをお話させていただきましたが、何を取っても結局はひばり園がスタートラインだったと思います。自分が恵まれていて幸せだと感じる事ができるベースはひばり園にあると思います。今でも、こうしてひばり園と関わりを持たせていただいていますが、とても心強い存在で、今でも私の大きな支えとなっています。これからもたくさんの人たちを支えてくださる大きな存在であり続けてほしいと願っています。

 

『 現 在 の 私 』中渡瀬 史旭(平成5年度卒園)

                    ひばり園30周年おめでとうございます。宮崎大学大学院に所属している中渡瀬史旭です。まず、私の経歴について紹介します。2歳の時にひばり園に入園しひばり園に行かないときは地元の幼稚園に通っていました。小学校と中学校は難聴学級があるということで健軍小学校と湖東中学校に通い、その後熊本県立東稜高校に進学しました。高校卒業後、宮崎大学農学部そして現在宮崎大学大学院に在籍しています。

 今回は大学と現在のことについて話したいのでひばり園〜高校までのことは省略させていただきます。ひばり園〜高校のことはひばり園25周年の際に話していますのでひばり新聞を見ていただけたらと思います。

 宮崎大学農学部食料生産科学科に進学し、12年次は植物の基礎、動物の基礎について学びました。2年次の後半から植物系を専攻し、3年次からは応用昆虫学研究室に入りました。12年次は講義中心で週1回実験実習をするという形式、3年次に研究室が決まってからは研究室での活動が中心となりました。私は応用昆虫学研究室で総合的害虫管理について学んでおり、これは天敵昆虫 (害虫を食べる虫) を使って農薬の使用量を減らした農業を確立させることを目的としています。

 研究室では圃場作業、実験、ゼミが中心となり、私が苦戦しているのがゼミです。大学に入るとゼミや討論の機会が増えます。ゼミでは複数の人が発言するため、全ての会話を聞き取るのが難しいのが現状です。ゼミの時はより集音声が高いFMマイクを使用し、ある時は友達に横で書いてもらったり、分からないことがあったときはゼミが終わってから先輩に聞いたりしています。それでも全てを理解することは出来ていません。現在は筑波技術大学や日本福祉大学をはじめ、ノートテイクなど情報保障の取り組みが進んできています。宮崎大学も昨年ぐらいから本格的に取り組み始めているようです。私はノートテイクを依頼していませんが、講義の際にノートテイクを依頼することで普通の人たちと同じように理解でき、学ぶことが可能になると思います。今後、こういった取り組みが普及していくと思うので、聴覚障害の方でも安心して大学に行くことができるのではないかと思います。

 次に、現在の状況についてお話させていただきます。現在は修士論文の実験と就職活動が中心です。そこで今苦労しているのが就職活動です。就職活動を始めたのは昨年10月、本格的に動き出したのが今年の3月だったのですが、まだ就職先が決まっていません。まだ決まっていないのですが、これまでの就職活動のことを少し紹介します。私は一般枠と障害者枠並行して就職活動をしています。私の場合は専門職、もしくは自分が学んできたことを活かすことが出来ると考える企業は一般枠で受験し、障害者枠の方は全く専門と関係のない企業が中心です。ある企業を一般枠で受けた際に、不採用となった理由を聞いたところ「耳のことが関係したと言わざるをえない」という答えが返ってきました。また、障害者枠で受けたある企業からは「専門が違うため難しい」ということでした。しかし、諦めたらそこで終わりなので結果が出るまで頑張ろうと考えています。

 就職活動に関してよく聞くのが、「会社との縁」ということです。私がひばり園に入園したこと、東稜高校、宮崎大学に進学したこと、いろいろな人と出会ったこと、それは縁があり、すべて偶然ではないということです。その縁、チャンスを得るために努力が必要なのであり、これからもいい縁があるように努力したいと考えています。「大学院まで行ったのに就職がない」「大学院に行ったら就職に不利なのでは…」と考えることもあります。大学・大学院に進学せずに就職しておけばよかったかもしれません。しかし、大学・大学院に行くことで経験できること、得られることが多数あります。実際私は大学に行ったことで自分を変えることができたと考えていますし、大学院で学ぶこともあるので後悔していません。進学と就職どちらの道がよかったのかは誰にも分からないので、自分が行きたいと思った道を進むのがいいのではないかと考えています。

 そして今、私は本を読むようにしています。本を読むことは知識を増やすだけではなく心を豊かにすることができるそうです。特に聴覚障害者は耳から入ってくる情報が少ないため、本をたくさん読むことが大事だと思います。最後になりましたが、今の私があるのはひばり園のおかげです。ひばり園の先生方、そして両親に感謝しています。ありがとうございました。

 

         『 学生時代・そして今 』寺本 良太(平成5年度卒園)

 

 ひばり園30周年おめでとうございます。私の名前は、寺本良太です。昭和62年7月12日生まれの24歳です。今は、阿蘇市役所に勤務しており今年で4年目となりました。

ひばり園には平成2年4月より4年間お世話になりました。入園当時の聴力は、右60デシベル左90デシベルでした。ひばり園時代一番きつかったという思い出は夜遅くまで母との毎日の日記です。ひどい時は、夜遅く眠たくてきついのに無理やり寒い玄関先で勉強させられた日もありました。今では、その日記を懐かしく見ています。

小学校では、阿蘇から健軍に移り住み、難聴学級のある健軍小学校に入学しました。健軍小学校は、普通学級と難聴学級があり、国語の授業だけ難聴学級で受け、その他の授業は、普通学級で受けました。難聴学級の授業は、低学年の時は発音練習がメインで、高学年になると「なぜその答えになるのか?」などと突っ込まれる厳しい授業でした。また、普通学級の教室には親の会、学校の協力もあり、全教室の机とイスにテニスボールを付けていただき静かな環境で授業を受けることが出来ました。

中学校は、湖東中学に入学し、難聴学級では、英語と国語の授業を受けました。中学校でも普通学級の全教室の机とイスにテニスボールを付け授業を受ける事ができました。英語はリスニングがとても難しく苦労しましたが、難聴学級で先生が解り易く教えてくれ口の動きや発音の仕方などを見て少しずつ理解できるようになりました。また、高校受験の為に放課後指導もしてもらいとても有難かったです。高校受験では、先生が受験校に事前に英語のリスニングを別室で受けられるように頼んでくれ何の支障もなく試験を受ける事ができました。

高校は、東海大二高校に入学し自分のクラスにだけテニスボールを付けました。

高校にでは、今までみたいに難聴学級がないため勉強には苦労しましたが、友達や先生に聞いたりして何とか乗り越えることが出来ました。この頃になると親からも干渉されず、自分勝手に遊んでいました。2年になると両親が阿蘇に帰り、兄弟だけで健軍に暮らすようになりますます自由になりましたが、逆に自分の行動に責任を持たなければと思うようになりました。

大学は、九州東海大学の農学部に入学しました。大学の講義室はとても広く聞き取りにくい事もありましたが、友達にノートを見せてもらったり、あらかじめ先輩の昨年度の資料を借りたりしてなんとかやりくりしました。大学2年の春、両親から市役所の試験を受けてみないかと言われ本格的に市役所の勉強を始めました。大学の勉強、公務員の勉強、部活、バイトと両立はとても大変でした。市役所に受かったので大学の2年の終わりで中退しました。

市役所では、内牧支所の総務振興係に所属しています。業務内容としては、市営住宅の管理などをしています。市役所に入って色々大変な事がありました。まず電話対応、相手の口が見えない為分かりにくかったり、声のトーンが掴みにくく聞こえにくかったりと大変です。けれども、聞こえやすい電話機を取り付けてくださり、とても恵まれた環境にいます。窓口対応も同じく聞こえにくい事もありますが、聞き直したりしながら何とかやっています。

小学校では、阿蘇から健軍に移り住み、難聴学級のある健軍に移って来た訳ですが、当時両親は阿蘇に家を建てて4年目という中で、熊本市内に住み移り、私は健軍小学校に入学する事ができたのです。父は阿蘇の職場まで毎日通勤。当時は当たり前と思っていました。しかし社会人となった今、両親には大変な思いをさせていたんだなと感じ、感謝するばかりです。

今後のひばり園の発展と先生方のご活躍をお祈りし、発表を終わらせていただきます

 

『重 度 難 聴 を 背 負 っ て』米岡夏来(平成3年度卒園)

                         

                          

 ひばり園を卒園して20年になり、現在、私は熊本市にある『平田機工株式会社』という設備メーカーで経理事務員として働いています。私は、右110dB 左125dB 左は全く聞こえず、右だけに補聴器をつけてわずかに残る聴力で生活しています。

 ひばり園を卒園してから、小、中、高、海外留学、就職と現在に至るまで本当に沢山のことを経験してきました。年齢を重ねるごとに、苦しい事も辛い事も楽しい事もうれしい事も幸せな事も数えきれないくらい経験しました。耳が聞こえないということで、中途半端な気持ちになることは誰にでもあると思います。私は、今まで何に対しても中途半端で両親を困らせた事も多々あります。

 英語を勉強するために海外へ留学する時も、両親は1年近く反対していました。やはり、障がいをもって一人で異国に住む大変さに両親はとても心配していたからです。それでも私は、障がいがあっても不可能ではないと信じ、両親の反対を押し切って留学の道を選びました。海外へ発つ日も両親とケンカしたまま旅立った日を今でも鮮明に覚えています。

 留学中の日々は、そんなに甘いものではありませんでした。新しい環境、文化、言葉、生活は、それまで日本で暮らしていた環境とは180度異なり、その違いに戸惑いました。勉強してきた英会話も現地では全く通じず、悔しい思いをしましたが、それから一生懸命、語学学校で学び、とにかく英語漬けの日々を送りました。発音を聞くことが難しい私は、口の動きやのどの振動を覚え、さらに多くの友達を作り、分かりあえるまで会話をして練習しました。

 その覚え方や勉強の方法は、私が小さい時に受けた母親からの厳しい練習、ひばり園での訓練と同じであると気づきました。だから、留学中に英語を話したり、このように話せるようになったのも、家族、先生たちのおかげだと思っています。

 そして、留学中、印象に残る言葉を母からかけてもらいました。私は、「I am deaf.(私は耳が聞こえません)」という言葉が言いたくありませんでした。出発からずっとこの言葉を心に閉まったままでした。

 ある日、「なんで私は耳が聞こえないの?」と、どん底に落ちるくらい悩み、苦痛な気持ちになった時があり、私は母親に電話をかけました。母は、『ごめんね。どこの国に行っても言葉は違うけれど、気持ちは世界共通なんだよ。だから、これからも、頑張ろう。』と励ましてくれました。ずっと留学を反対していた母のその一言が私の心の支えとなり、耳が聞こえないという事を誰かのせいにして悲しませてはいけないと気づきました。そして私のなにげないその言葉で両親を傷つけてしまった事をとても後悔しました。

 耳が聞こえないというハンデがあるだけで、沢山の思いを背負っていかなければならないことは、私もよくわかります。だからこそ、私を支えてくれる家族、友達、周りの人たちには感謝しなければなりません。そしてこれから先、みなさんも困難にぶつかる時もあるかと思います。その中でも、自分のやりたい事をたくさん見つけ、夢をもってください。中途半端ではなく、堂々と前を向き、自分に自信を持ちながら色んな事に挑戦してください。そしてこれから出会う人たちにも感謝する気持ちを忘れないでほしいと思います。

 長くなりましたが、最後に、これからのみなさんのますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 

『 これまでを振り返って 』原田 靖臣(平成3年度卒園)

 

名前は原田靖臣、25歳です。私は、学校は普通学級だけで過ごしてきました。住んでいる校区に難聴学級がなかったからです。小学校の低学年は母が国語と算数の時間は毎日、授業参観に来て、その日の授業を家で教えてくれていました。3年生まで続きました。1、2年生の時は母が学校に来ることは何も思いませんでしたが、3年生になると来て欲しくないと思ったように覚えています。母が来なくなった後、勉強が分からなくなり、成績は悪くなりました。小学校時代の友人関係は問題ありませんでした。

中学校は3つの小学校が一緒になるので生徒数は増えました。小学校からの友人、新しい友人も出来ました。いじめではないですが、聞こえない事に対する差別の言葉がありました。むかつきはしましたが傷付きはしませんでした。ただ、それを聞いた友人達が怒って少し問題になりました。それでも楽しい中学校生活でした。

高校は、文徳高校の普通科に行き、自転車通学でした。高校は特に問題なく過ごしてきましたが、授業は聞き取りが出来ず、成績も悪かったです。特に親しい友人は出来ず、中学校までの友人と遊ぶことが多かったです。

高校受験は専願で行き、大学は推薦で行きました。

大学は、崇城大学の応用微生物工学科を専攻しました。講義に興味があった事で、今までより聞こうという意識があり聞き取れるようになりました。積極的に新しい友人を作っていきました。その友人達が聞こえない所を助けてくれました。

今、熊本市役所に勤めて4年目になります。

今まで25年間生きてきて、一番印象に残っているのは二十歳の時に東南アジアにバックパッカーの一人旅をした事です。皆さんはバックパッカーをご存知ですか。バックパックを背負って、現地でホテルや交通手段を手配しながら、旅行する事です。私はタイ、カンボジア、ベトナム、ラオスに行きましたが、一番好きな国はラオスでした。

旅行を通して気付いたのは、好きな事をしようと思えば、健常者、障害者に関係なく何でもできるのだと思いました。

 

             『 私の生きる道 』松永征子(平成2年度卒園)

 私は現在熊本リハビリテーション病院の調理師として働いています。

 私が1歳頃、ボリュームを大きくしてテレビを見ていたので、母がおかしいと病院で検査を受けました。医者から両親にこの子は難聴という障害を告げられました。そして補聴器との生活が始まりました。

 夜になるとお風呂にはいる時、寝る時は補聴器をはずしているので、何か起こるかもしれないと不安になり、恐怖を感じて、親にしがみついていました。

私が2歳の頃このひばり園に入園して担当のY先生に出会いました。いつもママごとしたり、イチゴ狩りにいったり、キャンプに連れてもらったり、みんなとワクワクする運動会、発表会、クリスマス会などいろんな行事に参加することができたので、楽しい思い出がいっぱい記憶に残っています。

 そして両親が色々考えた結果、普通の小学校に入学する事になりました。小学校で色んな人から補聴器を見て、「耳に掛けてるの何なの」って言われてから、「これってなんで私だけなんだ」と不思議に思いました。保育園の時とは違う全く違う世界に入って戸惑っていました。

授業を受けている時の先生の声が聞こえなかったり、先生は、黒板で書きながらしゃべってることが多いので、何を言ってるのか全く分からなくなりました。2年生に上がったときに、私の為に別の部屋で一人の先生と向かい合い勉強する個別指導をしてくれるようになりました。私の為に分かりやすく工夫されて、聞き易くなったおかげで、勉強がわかる喜びを感じました。高学年になってくると、「みんなとは違うんだ。私だけ耳が悪いし何で」と考えるようになっていき、自分の耳が恥ずかしくて嫌になっていき受け入れることが出来なくなりました。

 中学に入っても個別指導がありました。本当に嫌でした。教室に戻る時いつも耳を隠して恥ずかしいぐらい下向いたりたり、友達との会話に話しが見えなかったりするので嫌でしたし、耳に対してコンプレックスを持ちました。

耳のことで笑われているんじゃないかとか思い込みが激しかったり、私は障害だから特別扱いされたり、優しくされるのがとても嫌だったので、人の付き合いがとても苦手になっていき、どうしたらいいのか分からずすごく悩んですごく悩んで過ごしていきました。

 そのまま中学卒業してある日、私の親戚の方と会った時に落ち込んでいる私を見てこう言ってくれました。

「耳のことで今までつらかったんでしょう?つらかったね。つらい気持ちはよく分かるけど、耳のせいにしたらいけないよ。つらい時はつらいと言わないと、相手は分からないし引きこもってしまうよ。あなたは難聴生まれてきた意味があるのよ。もしそうじゃなく普通に生まれたら、他人より努力しなかったかもしれないし、相手の気持ちがどんな状態なのかも読めなくて分からない人になっていたかもしれないんだよ。だから耳のことがあるから、他の人と負けたくない気持ちになって、色んなこと努力してきたんでしょう。耳のせいに思わないでしっかり受け止めて、自分をもっと好きにならないと前に進めないよ。これまで我慢してたのね。頑張ったね。もうこれ以上頑張りすぎないで自分らしくしなさい。もうひとつ耳のせいにしない事これだけは約束だよ。」と私の為を思って言ってくれました。

私は突然号泣してしまい、そう言ってくれたおかげで、なんだか私の中に溜まっていたものを全部出して、「こんなの私じゃない。もっと明るく、楽しくやりたい」と思いが強くなっていき、心の中が自分もビックリするぐらいスッキリして、前向きに考えるようになりました。

 そして高校に入学して私は変わり始めました。

耳のことは気にせずにしようと思いが少しずつ強くなっていったおかげで私は、たくさんの友達ができたのですが、グループでの会話は難しかったです。私は、口を見ながら声も聞き理解するので、それに付いていけない事が多いので、分からない時は隣の人に聞くようにしてから話すようになり会話の楽しさが増えていい思い出になる高校生活を送る事ができました。

 私は美容師になろうと思い、専門学校に行き資格を取りました。そして美容室でアシスタントとして働きました。でも、私に出来ないことが増えていきました。それは電話対応です。

家族とか友達は少し話せるのですが、他の人の声は聞こえなかったりするので、何回も聞いてしまうので、どうしても分からない時は誰かに代わります。仕事ではお客様にご迷惑掛けるので、私は出来るだけ出て用件を言う前に誰かに変わるようにしていました。そして「お客様との会話が噛み合わない事がよくあるのでしゃべらないでくれ」と言われました。悔しかったので、そういうわけにはいかないので、ちょっとした声掛けを少しずつしていく様になって、お客様も私のこと耳が不自由っていうことがわかってくれたて電話での会話も少しずつできるようになっていきました。

 それから、美容用語は難しい言葉が多くよく聞き間違いが増えていることがありました。もし分からない時は頼まれた事を自分が同じことを言って確認とれるまでする、忙しい時はメモに書いてもらうようにしました。聞く姿勢は大事にしないと分からないのは自分が困るので、しっかりしていく様にしていきました。美容師の仕事はずっと続けようと思っていたのですが、私の皮膚がとても弱いので手荒れがひどくなるばかりで仕事が出来なくなるほど痛くて限界を感じたので辞めました。

 高校時代に調理師の資格をとっていたので、私は人に役に立ちたいと思い、先ほど言いました病院で、患者さんが元気になれるように、美味しく食事を作る仕事をしています。厨房内で色んな道具があって物音の区別が掴めませんでした。うるさかったら、みんなが「大丈夫?気をつけてね」と声掛けてくれたおかげで、この音はうるさいんだとわかるようになりました。

厨房内が広いので大声出しても響いて何を言っているのか分からないので、自分が聞こえるところまで近くで聞くようにしています。職場の人たちは私の耳の聞こえがどの位なのか理解した上で、お互い働きやすい環境をしてくれますのでいい人達と出会ったので良かったと思います。

社会人になってから現在まで感じたことは、ひばり園の時頑張った発声、口の動き、表情の動き、物の名前等色んな勉強がとても大切であったと痛感しました。私がどんなに嫌だった日でもわがままを言っても、両親はしっかり厳しく育ててくれたおかげで、私が将来自立が出来るように考えてくれたと改めて思いました。日常生活の中で私を色んな人と話せたり聞くことができたのはひばり園の先生方や学校の先生・友達・家族からの教えがあったおかげで本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今まで失敗を恐れていたので何でも拒否してきたのですが、このままでは自分に甘えてばかりで何も変わらないし、成長しない事に気がつき、今ソフトバレーをしたり、踊りを習いに行ったり、色んな事にチャレンジをして自分自身を自信のつくように自分磨きをしています。

こんな私でも出来ることを証明しで、親を安心させたいという思いで、人に負けず、自分自身にも負けない心を持ってやることが今の目標です。

                                                                                      

『 これまでを振り返って 』米村 千明(昭和63年度卒園)       

私は母のお腹の中にいる時、母が風疹という病気にかかりました。母は私をお腹に抱え、兄と姉を両手に握り、八代で行われる九州三大祭、妙見祭につれていってくれました。祭りから帰って来てから、陣痛が始まり、1120日の朝に生まれました。どんなに年を重ねても、思い出し笑うように母は毎年、私が生まれた時の事を話してくれます。

 それから、何があるのか予想もしなかったのが、28年前の出来事でした。私は、兄と姉2人が「男が良かった」「女で嬉しい」とケンカしたりと何事もなく過ごしてきました。ところが、近所の保育園に通い始めた2才半時に保育士に反応がおかしいと疑われました。

 保育園で出席をとるのに、順番に名前を呼ぶ時は、おとなりのお友達が「はーい」と返事したら、「次はあたしだ」と分かっていたのか、返事は出来ていたみたいですが、後ろから声かけても全く反応がないという所からでした。それから病院へ行き、両側感音性難聴と診断されました。

 医師に、熊本県ひばり園を紹介され、担任の先生を始め、たくさんの仲間に出会い、2歳10ヶ月に、補聴器をつけました。この時、補聴器をつけ、生まれて初めて、音の世界に入ることができました。この時の聴力は、左70dB、右は80dBでした。

 ひばり園まで、母と2人でバス・汽車・電車を乗り換えて通いました。保育園では、とても活発で、やんちゃな私でした。

 人のお手伝いをしていたけれど、お手伝いというより、自分がやりたかったからとか、石投げして先生に怒られたりとか、ピアノの曲に合わせて顔でリズムをとって歌ったりとか、誰よりも負けず嫌いな所もあったと思います。こんなに元気いっぱいだった私は、何一つ不自由なく学校生活も普通に過ごしました。

 でも、学校にただひとり何かはめてる?ということから、皆の目は耳にいつもありました。落としたり、水にぬらしたりしたら、壊れることも分かっている上で、自分の補聴器を友達につけ、聞かせたりもしていました。私は、これがないと聞こえないという所と、こんな大きな音があって、生活できているんだというアピールだったのか、ただの遊びだったのか、こんなことはしょっちゅうしていました。

 今思えば、何をやっていたんだろうとは思います。周りの人も驚くばかりでした。何不自由なく学校生活を送っていましたが、全ての人が、受け入れてくれたわけではありませんでした。反対に、理解してくれない人もいましたし、やっぱり、えこひいきされてるんじゃないという風に見てる人もいました。

 今でもそうですが、集団で会話したりすると、上手く聞きとれず、ほとんど会話に入っていけません。分からない分、気になってしまうから、「何て言わしたと」とよく聞き返します。けど、2回同じことを言ってもやっぱり聞きとれずに、もう1回きくと、「もう、いい」とか「たいしたことじゃないよ」と決まって返されてしまいます。知りたいのに、分からずに終わってしまうのがほとんどです。「もう、いい」と言われるのがトラウマとなり、周りの人に本当に申し訳ないけれど、聞き流してしまうようになりました。

 それでも、人の話を一生懸命聞こうという姿勢は、ずっと変わらないと思います。

 私の職業は保育士です。今年で九年目を迎えました。いつも失敗や後悔をしながら、毎日の保育を楽しんでいます。

 先日、東日本大震災で、多くの方々が犠牲になりました。皆さんそれぞれの思いはあるとは思いますが、補聴器がなくては仕事も生活もできない私は、色んなことを考えました。

 水が浸水した時、電池がなくなった時、壊れて使えなくなった時、考えただけで恐ろしい程でした。東北の方々は、補聴器使えるようになったかな、と思えばキリがないですが、国のお金の使い方は考え直してもらいたいものです。平成233月ひばり新聞より(インターネットから)佐藤さんの手帳の対象についての記事を読み、私も同感でした。

 熊本県でも、以前は、3年に1度、援助してもらえるということでしたが、現在では、5年に1度、片方のみという厳しくなっていました。

 パソコンや電話がなくてはビジネスは務まらないと同じように、私たちには、補聴器がなくては仕事ができません。仕事に限らず、学校に通えなくなる子どももいるでしょう。

 今は、昔とは違って何でも揃う時代となり、物を大切に扱うというのが少なくなってきているように感じます。私事ですが、同じ補聴器も大切に扱ってきたから、10年使用しているものもあります。大体4〜5年程度と言われていましたが、いつ壊れてもおかしくないというのが不思議ですね。私にとって補聴器は、本当になくてはならないものです。

 幼い頃から、ひばり園に通ったり、何かと大変な苦労をしてくれた両親がいてくれたから、今の私がいます。感謝の気持ちでいっぱいです。気持ちだけでは、恩返しもできないので、これからも健康で元気に仕事に励んでいくことが、一番大切かなと思います。

 今の聴力は、左80dB、右90dBです。聴力を低下させないよう、精神的にも、体の健康もしっかり整えていかなくてはと思います。

 先日、母と話していたのですが、私の聴力が低下しないよう、幼い頃から私の体調にかなり気をつかってくれていたことが分かりました。今でも仕事に疲れるとスタミナ料理を作ってくれます。一人暮らしをしている私なので、母の手料理で、毎日仕事に励んでいます。

 それから、昔の苦労を母は思い出し話してくれます。

  ・かさを電車に忘れたこと

  ・乗り換えで眠る私をだっこしたりと慌てていたこと

  ・キャンプ場で補聴器を落とし、さがしに行ったこと

 まだまだたくさんありますが、こうやって話してくれる中で、初めて知った出来事もたくさんありました。良い事もそうでないこともあり、中には知りたくないことも話す母は、どんな気持ちで私を育ててくれたのだろうとしみじみ思います。けれど、私の母は、話してくれる事で、人とのつき合いの大切さを教えてくれたように思います。

                                                                                         

『  私 の 想 い  』

 

松本 直美(昭和58年度卒園

この度は ひばり園30周年おめでとうございます。

 私は、2歳の頃麻疹の高熱の為に聴覚を失いひばり園でお世話になりました。発声 発音練習、絵カードなど日々訓練していた事は今でも覚えています。今の自分があるのは ひばり園の先生達 家族いろいろな方々のおかげです。

 私は、今34歳です。

この間いろいろな人と出会い、沢山の経験をしてきました。

大きな壁にぶつかっては 這い上がりの繰り返し。辛かった事もありましたが自分が強くなれたこと、学ぶことも数多くありました。

小さい時からずっと口話法で生活してきて、出かけ先で「私は耳が聞こえませんので筆談でお願いします。」と説明しても筆談ではなく口頭で話しされたり、どうしても分かってもらえないこともありました。実際、今でも時々あります。 

私の聴力は両耳とも100デシベル以上です。でも、言葉が話せる事で障害が軽いかの様に思われ、聞こえていると誤解を招いてしまったりと辛い思いもしてきました。

本当に、私たちのコミュニケーションの大変さ辛さは個人それぞれですが、本人にしか分からないことです。私の周りの人たちはこの辛さを乗り越え続けながら自分に合う話し方、接し方を見出しているのではないかなと思います。

私は、高校の時から手話を覚え始め、スムーズではありませんが2年ぐらい前から口話法だけでなく手話も使いながら話すように変えてみました。ほんの少しですが、以前より、筆談や身振りを交えての口話での対応をしてくれたりと変わりました。 

今、コミュニケーションの手段の一つとして、人工内耳が紹介されていますね。今、人工内耳をした子供達のご両親、これから考えているご両親、またひばり園には大変申し上げにくいのですが、この場を借りて私の気持ちを伝えたいと思います。

私も今よりもっとコミュニケーションがスムーズに言葉が明瞭に聞き取れるかもしれないという期待を大いに持ち、一時期「人工内耳」を考えました。でも、ひょっとしたら今より音が少なくともよく聞こえるかも、言葉の判断が出来るようになるかもというメリットがある反面、100%ではないという事、成功するという保証もない。機械が合わない、リハビリをして調整しなければならない等デメリットもあるという事。人工内耳への検査を受けながら最終時点まで悩みました。結果、受け入れませんでした。

後になって新たに考えてみて、私の聴力で30%程度聞こえたとしてもコミュニケーションの大変さは変わらなかったかもしれないし、逆に全く音が入らなかったかもしれないと思いました。自分にとっては人工内耳は善いとも言えないし、悪いとも言えないなと思ったのと同時に、人工内耳をされた子供達のご両親は大変辛い思いと色々な覚悟で挑まれたことと思います。

 確かに、幼い時期に音を聞きながら言葉を習得したほうが良いと言う事も分かりますがただ、私自身、まだ理解する事も難しい幼い子供達に機械を埋め込むという事が受け入れ難いのです。子供達が成長していく上で、お洒落もしたい、スポーツもしたい等、大きな夢も出てくると思うのです。人工内耳をしたことによってはそれぞれに、明と暗が出てくると思うのです。やって良かったという話はよく聞きますが、逆の例は全くと言っていい程に聞きません。全てが全て良いとは思えないし、実際に辛い思いをした子供達もいると思います。私が心配に思うのは聞こえない辛さ苦しさはもちろんですが、大好きなスポーツにも限度がありそれも思う様にいかない。また希望が絶たれるとなると、私達の想像以上に子供達は辛い悔しい思いをすると思います。また、それをぶつけられるのはご両親です。そういう時に自分の居場所を探す子供達のSOSを見抜いてあげられますか?また助けてあげられますか?心の穴を埋めてあげられますか?

 ただ、私は人工内耳をしないでと言うのではなく、先ほどにも述べたようにまだ幼い頃ではなく、子供達自身が人工内耳の内容を納得して、するかしないかの自己判断ができる年齢頃に決めさせる事もいいと思うのです。

いま、私達が出来る事は、子供達の才能を引き出してあげ、社会とも向き合わせながら強い心を持ってくれる様に。また、耳が聞こえないという自分に誇りを持って子供達が元気に笑顔で生活できる様に私たちが見守っていく事。これが、今後私達の大きな課題になっていくのかなと思っています。

また、聴覚障害という事を社会に理解してもらう為には、手話、筆談、口話、人工内耳、日常生活の中で活用しながらコミュニケーションを通し、自分から聞こえないという事を社会に広めることも大切だと思っています。

最後になりますが、聴覚障害の子供達に明るい未来が開ける事を祈っています

                                                                                       

平成23年ひばり新聞7月 号より

今回の卒園児コーナーでは、昨年度の『小さな親切』運動作文コンクールで入選した、ひばり園卒園児のS・Hさんの作品を紹介したいと思います。(学年は昨年度のものです)

 特別優秀賞(熊本県優秀賞)

    『ありがとう』 ○○小学校 二年 S・H

 

 ぼくは、三さいの時に、びょう気で聞くことができなくなりました。それで、人工内耳をつけています。人工内耳は、ぼくにとってとてもだいじなものです。

 先生やともだち、家ぞくの声を聞くことができます。おじいちゃんやお父さん、お母さんや妹、学校の先生やともだちと話す時も、手話やゆび文字をあまりつかわなくても話したり聞いたりすることもできます。

 うんどう会のダンスのれんしゅうの時は、音楽に合わせておどることができます。

 ひる休みも、ともだちといっしょになかよくあそんでいます。

 でも、こまったこともあります。ともだちや先生が早口でしゃべったり声が小さかったりすると、人工内耳をつけていても聞きとれません。それに、二人で一どに話しかけられると、なんと言っているのかわかりません。話し声と他の音がいっしょになる時も、なんと言っているのかわかりません。

 学校の中では、ランチルームが一ばん聞こえにくいです。きゅう食のじゅんび中や、食べる時、かたづけの時、「ガチャガチャ。」「ザワザワ。」「ドシン。」などいろいろな音がして、ともだちや先生の声はとても聞こえにくくなります。話しかけられても、なんと言っているのかわかりません。そんな時、ぼくは、こまってしまいます。

 きゅう食を食べている時、ときどきだいじなお知らせがあったりすると、ぼくのとなりにすわっている三年生が、かたをたたいて、ゆっくりはっきりと話して教えてくれます。それでも聞こえない時は、「ひつだんノート」に書いてくれたりジェスチャーをつかって教えてくれたりします。ぼくも、よくわからない時は、なにを教えてくれているのかなといっしょうけんめい考えながら聞きます。教えてくれたことがわかった時、ぼくはうれしいし、教えてくれてありがとうという気もちになります。

 岳間小学校のともだちは、みんなやさしいです。みんなとたくさんお話ししたりたくさんあそんだりしたいです。

 

卒園児クリスマス会

H25.12.23

卒園児クリスマス会をしました。

毎年12月23日に卒園児クリスマス会を行っています。みんな参加してね。

 

  毎年 7月〜8月に卒園児 聴力検査・相談会を行っています。

1学期や夏休みに思い出深かったことを作文に書いてくれました。(原文のまま載せています)

平成26年度夏休み聴力検査会を7行いましや。7月31日(木)低学年・8月5日(火)高学年、中、高校生が集まりました。

   

高校生のM,Sさんの作文紹介します。テレビでの放映もありました。また、NHKの九州,沖縄の番組(8月16日)、『ろう、難聴を生きる』(8月31日)でも放送予定です

大好きな吹奏楽

私は、中学校1年から高校3年まで吹奏楽部に所属していました。特に高校での吹奏楽生活は思い出に残ることだらけでした。

高校で吹奏楽部に入ったとき、「難聴で吹奏楽」ということをみんなは理解してくれるのか、またレベルが高い人達の中でついていけるのかという不安がありました。しかし、みんなきちんと理解してくれて安心して部活に取り組む事ができました。自分の耳で聞き取れないところは、周りの人が補ってくれたり、曲の合図を私にわかりやすくしてくれたり、と周りの人達にたくさん支えてもらいました。

高校生活最後のコンクールは銀賞という惜しい結果だったけど、練習してきた中で一番いい演奏が出来たと思います。自分の思うような音が出せず辞めたいと思ったこともあったけど、その時支えてくれた仲間、先生方、先輩、後輩に感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの人に恵まれて、私は幸せ者だなあと思います。これからもいい機会があればどこかで吹奏楽を続けられたらな、と思います。音楽に、吹奏楽に、コントラバスに出会えてよかったです。

                                                                                                                                                      

 

平成26年4月6日(日)身体障害者福祉センターで、熊本難聴中学生学習ルームが開かれました。毎月第一日曜日に中学生が集まって勉強したり、先輩の話を聞いたりしています。今回は高校生になった人達のお祝い会と、今度中学生になる人の歓迎会で会食したり、ボーリングを楽しみました。

勉強会の様子 ことわざ知ってる?

「はなよりだんご」「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」「口は災いの元」

勉強会の様子 この日見事高校に入学した女子たちや高校生、大学生の先輩も来てくれました

みんなで会食(サンドイッチやお寿司を食べ、ボーリングに向けて腹ごしらえです)

熊本難聴中学生学習ルームへはここをクリックするとHPにつながるよ

 

 平成 26年3月ひばり新聞より(卒園児さんが保護者学習会で体験発表してくれました)

ひばり園時代のこと    I・T

 

 私の母は、小柄ですが、明るくて元気いっぱいです。

幼い頃に母は、母を亡くし兄弟を支えてきました。

そんな苦労をしながら、何事にも頑張る母のもとへ私は生まれてきました。私が母のお腹の中にいる時に、母が風疹にかかりました。

 今は生まれてから、生後3日目に聴力の検査をしてくれるのですが、その当時はなく、近所の保育園で、後ろからの反応が、おかしいと疑われました。

病院で検査して、2歳半の時に初めて聴覚障害を持っていると、わかりました。

 それから、医師にひばり園を紹介され、母とふたりで通いました。もちろん、兄や姉もいますから、家庭のこともしながらでしたので、今思うと、本当に大変なことをしてくれていました。

 補聴器との出会いは、210ヶ月です。その時の私の聴力は、左70db、右80dbでした。私は高音がはいりやすかったこともあり、言葉も聞き取りやすかったそうです。

 ひばり園で同じ歳の友達がその時は、10人ぐらいいて、会うたびに喧嘩も耐えなかったそうです。そんな、友達も一部ですが今ではママ友になり、育児の相談もできて、心強く思います。

 母から聞いた話は、本当に山のようにあり、今だから言えること、あの時はあんなだったこんなだったと、思い出しては笑うように話す母です。

今でも、私の誕生日の朝が来ると、生まれましたねと、毎年その当時のことを話してくれます。今までは、もう聞いた!と、言ったりしたましたが、今でも生まれた時のことを話してくれる母の嬉しそうな気持ちを、私も我が子を生んだことによって、理解できるようになりました。多分、私も我が子に語り継いでいくんだと思います。

 私が聴覚障害を持って生まれたことで、いいことばかりではなく、辛いこともたくさんあったと思います。それでも、母はたくさん話してくれます。

 障害を持っているのは、私だけではないこと。一人ではないこと。

人との関わりを大切にすること。

私の学校生活について

小学校から、短大まで、普通に通いました。

補聴器が、湿気に弱いこともあり、ショートカットだった私、今よりもはるかに大きかった補聴器。すごく目立ってました。おまけに活発なところもあり、友達に補聴器をつけさせたりしてました。両親や先生からすると、ヒヤヒヤさせていましたが、私は平然としていました。部活動もしたり、合唱部に入ったりと、ハンデはあるけれど、自分なりにできることを楽しんでいました。

 何不自由なく学校生活を送っていましたが、全ての人が私の事を受け入れてくれたわけではありませんでした。私が普通に話したりできることもあり、理解してくれない人もいましたし、やっぱりえこひいきされているんじゃないというふうに見ている人もいました。

けれど、小学校の時は、私が勉強しやすいように、配慮してくれましたが、私は周りの友達と同じように扱ってくれるのに嬉しく思っていました。

どうしても、援助が必要なのは、体育のプールの時。頑張って泳いでいても、やっぱり周りの声はかすかにしか聞こえないので、周りの友達をの違いや距離を感じていました。これは、小学校、中学校、高校とどこでも同じでした。

高校では、授業の一貫で海で泳ぐ遠泳というのがありました。これはやっぱり聞こえないのと、海は見えにくいのとで、とても怖い思いでした。

もし聞こえていたら、、クラスメートと楽しく泳げたらよかったなと思いました。

短大ではFM補聴器を使用したりしていましたが、男性の先生の低い声は聞き取りにくく、なかなかうまく聞き取れないこともありました。

 今でもこれは変わりませんが、集団での会話はそれぞれが口々に話すので、聞き取りきれず、ほとんどが会話に入っていけません。笑ったり、共感し合う周りの様子が気になって、聞き返したりしますが、教えてもらっても、なんの話題なのかさえわからないので、輪の中に入っていけずにいます。

また、同じように聞き返すと、もう通り過ぎた話は終わっているので、なにも分からずに終わることがほとんどです。

周りには申し訳ないほど、聞き流し笑うようになりました。

今は、娘の友達作りもママ友作りもあり、幼い頃から私の事をよく知っている友達がいるので、協力をもらいながら、会話したり、子育ての情報を習得しています。

 私の職業は、保育士です。今年で12年目を迎えます。

幼い頃からの夢でした。いつも失敗や後悔をくり返しながら、毎日の保育を楽しんでいます。今は育児休業を頂いているので、4月からの仕事復帰となり、今までと違う日常にどきどきしています。

我が子がかわいいと思われる保護者の気持ちが凄く理解できるようになったので、これからも園児達と保護者の方々とたくさん話せるのが、楽しみです。

 保育士になってからは、毎日の保育の中でひとクラス20人いる子どもたちが走ったり笑ったり、喧嘩したりと本当に個性ありふれるので、そのぶん、声や物音も倍のように溢れています。

 先ほども言いましたが、私は集団での飛ぶような会話にはついていけません。けど、一人一人話してもらうと、時間もかかるし、子どもたちも飽きていまいます。それでも、お家でのこと、嬉しかったこと、楽しそうに話してくれるので、幼い子ども達に少しでも近づけるようにと、耳を更に傾けて聞いています。

どうしても、聞き取れなかったときは、心の中で、ごめんねと思うのです。

または、後でこそっと教えてもらうのです。先生の私とその子だけの秘密の会話です。

 ピアノを弾いて歌うことも苦手な私です。自分の歌う声、ピアノの音、子ども達の歌う声、周りの物音、全部がいっぺんに耳に入ってくるので、いつもパニックになりがちです。

 そんな私が聴覚障害をもって、保育士として仕事ができるのは、就職した当時からお世話になっている、保育園、私の大切な職場です。園長先生を始め、周りの経験豊富な先輩方。保育においても、これからの育児においても、まだまだ未熟な私を日々、ご指導援助を頂いています。感謝しても感謝しきれないほどです。

ただ、障害を持っているからではなく、一人の職員として、責任重大な保育なので、ハンデはあるけれど、一生懸命取り組む姿勢が大事だと思っています。

結婚について

 私は2年前に結婚しました。主人とは、友人の紹介で知り合い、メールをしたりしていました。 出会って間もない頃、実際、私には聞こえないという障害を、打ち明けるまでにかなりの勇気がいりました。

なぜなら、今までの人生の中で、障害を打ち明けて、連絡が取れなくなったりしていたこともありましたし、距離を置かれることもありました。

私の勝手な考えですが、そんなことを打ち明けられて、どうしたいいのかわからなくなってしまうのでしょう。私が逆の立場だったら、どうしていたでしょうか。

 主人にも打ち明けて、ダメだったら、諦めを考えていましたが、主人は打ち明けてくれてありがとうと言ってくれました。意外な答えにびっくりでした。

理解するのは難しいけれど、出会って間もないのに、受け入れてくれたので、こんなにも嬉しいことはありませんでした。

 それから、結婚までは主人のご家族にお会いしたり、ドライブに誘ってくれたりと少しずつ私の事を知っていただきました。私がご家族の方々に障害を打ち明けたのではなく、主人が話してくれていました。

なんと思われたのかはわかりませんが、マイナスな言葉はありませんでした。

出産、子育てについて

 結婚してから、その年の冬に我が子を授かりました。

つわりがひどくて、食べられなかった日もありました。仕事を休んだこともなかった私が動けなくなるほどだったので、予想外でした。

その時、私の頭の中には、ある言葉が浮かんでいました。

昔、ある人に子どもを産むと聴力がなくなるよと言われたことがあったのです。周りの人はそんなことはないよと、言ってくれていましたが、頭から離れませんでした。

我が子がうまれたら、私はどうなるんだろう、子育てできるかな、仕事できるかなとあれこれと想像したり、していました。

大きくなる、お腹。動き出す我が子。産休とカウントダウンでした。

予定日の前々日から、お腹に変化が見られ、我が子は元気いっぱいに産声をあげて生まれてきてくれました。もう、疲れ果てた私に、主人がと母がお帰りと声かけてくれ、うんと答えた私。一安心でした。

それから、私は毎日24時間補聴器をつけて、我が子の鳴き声に答えています。

初めての子育てなので、いろんな人にたくさんの情報をもらい教わりながら、毎日を過ごしています。

どんなに私が聞こえにくくても、我が子に話しかけたり、歌ったり、散歩しながら、目で見えるものを共感したり、人との関わりをもったりと、二人で二人三脚です。

今までは、私が母と二人三脚でしたが、今度は我が子となので、母に教わったように、思い出話をしたり、色んな事を経験させてあげたいと思っています。

そうしながら、私も我が子に助けられていくのだと思います。

電話の音、玄関のチャイムの音、病院で名前を呼ばれたときなどです。

自分の障害のこと

私は、生まれつきでしたので、初めて音を聞いたときは、覚えていませんが、母が私の反応が忘れられないと言っていました。

障害の形にも色々あって、人生も色々なので、よかったこともあって、悪いこともあるので、聞こえないことで、たくさんの経験ができました。聞こえにくくても、友達はできる、仕事もできると、できることはたくさんあったからだと思います。

けど、幼い時は、保育園でも学校でも聞こえないのは、私たった一人だったので、みんなとの違いや、聞き間違えて怒られたときは、反発していました。

 聞こえていたらとできていたことが他にもあったかもしれないのに、と思うこともたくさんありました。

友達と、会話が充実する。海やプールに行ける。内緒話ができる。どの電話にもでれる。

雨の中で体育やソフトボールができる。子どもたちと、わいわい話す

思えばきりがないけれど、私は、聞こえると、聞こえないの真ん中にいるので、両方の経験ができました。

 となると、聞こえない人々の気持ちも少しは理解できるし、聞こえる人に気持ちと伝えたりできるかなとも思いました。

考えはそれぞれですが、私は障害よりも私自身を受け入れていかなければ、これからの人生も楽しくないと思いました。

補聴器について

私の2歳の時に初めてつけた補聴器は、Box補聴器と言って今で言えば、テレビでピンマイクつけてる芸能人が、ポケットに入れているタイプでした。

今みたいに赤や青とカラフルで小さくておしゃれなのはありませんでした。

電池も単4で幼い私にとっては重かったことでしょう。母は、補聴器入れを私の体につけられるように作ってくれ、ビキニみたいに補聴器の本体を背中につけてました。

 小学校に上がる頃は、耳かけ式になり、電池は、ボタン電池の大きいのでした。

電池も切れると、自分で変えなくてはいけないので、授業中でも先生に断って変えたりしたました。

それから、高学年から中学校では、初めての耳穴式。電池も中くらいのボタン電池。

部活でソフトボールをしていたこともあり、耳穴にかわってから、体も動かしやすかったです。

高校では、更に小さいのに変えられましたが、電池も小さいので3日しかもたずでした。

今でも、大切に使っています。

今はアナログからデジタルに変えて、音の調節もドライバーからパソコンに変わり、便利になりました。けれど、昔の聞きなれた補聴器がいいと思っていても、製造が終了するなどで、買い換えなければならないことには、残念でした。

 簡単に変えないほど、高額なものなので幼い子ども達に伝えるのはムズカイシイけれど、母は、鉛筆一本から大事に使うことを身をもって教えてくれました。

昔は3年に一度市に申請して、両方買えたのが、今は5年に一度、片方だけしか買えないことになり、ますます補聴器を大切に使わなくてはと思います。

補聴器という器具があり、使って聞こえ、生活できるので、充分だと思います。

今では、カラフルでカバーもお洒落でいいなあと思います。

でも、私は昔のままの色が気に入っています。

お母さん方に伝えたいこと

私は母になってまだ半年です。まだまだ自分に足りないことだらけで、たくさんのことを教えていただきたいです。

 けれど、幼い子ども達と、向き合えるもの今だけです。大きくなれば、会話も減り、友達と遊ぶようになり離れていくでしょう。親としては本当に寂しいけれど、私もそうでした。それでも、私の母は毎日のように話しかけてくれたり、思い出話をしてくれました。たくさんの経験をさせてくれました。

絵日記を欠かさずに書いたり、絵本を切り抜いてペープサートを作り、歌ってくれたり、

電車やバスに乗り、どこで降りるのか、お金はいくらなのか、忘れ物はないかとあれこれでした。

話せばたくさんありますが、反抗期もあり、仕事や友達関係でうまくいかないこともありましたが、母がしてくれたことは決して忘れていません。

同時に私の家族も忘れていないと思います。

母だけでは、今の私はいないことは確かです。父や兄、姉と家族全員が協力してくれたから、今の私がいます。そして、最愛の夫や娘がいます。

耳が聞こえないという、障害をもって、31年の人生を歩んできましたが、私にはまだまだ、やりたいことや、やらなければいけないこともたくさんあります。

こんなにも日常で生活したり、仕事したり、子育てしたりと、たくましく育ててくれた、私の大切な家族。

幼い頃は、周りの認知度の低いこともありました。八代に難聴学級を作ってもらうのにも、

理解してもらうために、時間もたくさんかかりました。兄や姉は、友達からも色んな事を言われていたこともありました。

私という人間を知って、他の障害を持った方に、優しく対応してくれた友達がいました。

その友達は、頑張って話している人に対して、話し方がおかしいと笑う人に、注意してくれたのです。

それを、聞けただけで凄く嬉しい気持ちになりました。

過去には色んな事がありましたが、私にはどれもいい経験です。

今、障害を持つ子どもさんを持たれるご家族の皆様、今は大変なことがたくさんあるかと思います。けれど、昔よりは医療も技術も発達し、過ごしやすい世の中です。

あとから、笑って話せる時がきっと、来ると思います。

幼い子どもたちが、たくさんの幸せを運んできてくれると思います。

ご静聴ありがとうございました

 

 

 

「ぼくの障がいについて」  K・H

ぼくには、生まれつきの障がいがあります。

それは、難聴という障がいです。難聴とは、生まれつき耳が不自由なことです。ぼくがいままで体験したことを伝えていきます。

 2001年、七月十二日にぼくが生まれました。でも、その後耳が聞こえないことが分かり、2才のころに手術しました。ぼくは、以前頭に包帯をまいた写真を見たことがあります。その写真は、頭の中に人工内耳の体内部を入れたときのものでした。そのおかげで、まわりの音が聞こえるようになりました。人工内耳とは、耳の奥の方に蝸牛という所があり、そこに電極を入れるものです。人工内耳体外部がひろった音は、電気信号に変えられ、頭の中へ伝えられます。でもぼくは、音を聞くのが初めてだったので、最初はあまり聞き取れず、少し困っていました。ぼくは、うまれてすぐから音がない世界で過ごしてきました。手術して聞こえるようになったときは、音というものを初めて聞いたので、その音にこわくなり、ないていたそうです。その後、熊本市内にあるひばり園とくまだい病院という所のおかげで、新しい友達ができてとてもうれしかったです。しかし、お母さんは、「障がいのある友達とは仲よくできたけれど、障がいを持たない人とは、仲よくできるのかな。」となやんでいました。ぼくも、人工内耳のこと、難聴のことが分かってくると、色々と不安なことがでてきました。

一つ目は、体外部は、水についたらこわれてしまうのでプールやおふろの時は、はずして入ります。ねるときも、はずしてねるので、音は聞こえません。災害のサイレンの音も聞こえないので、とても不安な気持ちでねています。それだけではありません。

 二つ目は、体外部は、周囲の騒音や反響があると、その音を全部拾ってしまうので、音が聞きとりにくくなり、聞きたい音や声が聞こえにくくなります。後ろからの声、班での話し合い、CDの音、放送などは苦手です。

 三つ目は、みんなが聞いている音と人工内耳を使って聞こえている音は、ちがいます。でも、そのちがいは、ぼくにはわかりません。

 四つ目は、人工内耳の体外部は、故障したら、修理したり買い替えたりできるけど、耳の奥にうめ込んでいる人工内耳は、こわれたら手術しないといけないということです。二才のときのことは、忘れているけど、今、手術しなければならなくなったらと考えるととても不安になります。

 五つ目は、聞こえなかったり、聞こえにくかったりして、悲しくなったり、落ち込んだりすることがあることです。

 ぼくは、四才から五才くらいのときに、自分は「人工内耳は、いやだ。」とか「なんで自分だけ障がいを持つようになったの。」と泣いて心の中で思っていました。そのときは、「家族につらい思いをさせてしまっていたな…。」と思います。その後、新しい体外部をはめることになり、スムーズに聞こえるようになりました。今の体外部は三個目です。そのときは、「もう家族にめいわくかけたくないな。」と思いました。でも「何でぼくだけ障がいになったの。」という気持ちは、まだ残っていました。そして乙姫小1年になり「自分は、耳が聞こえないから。」と伝えていって友達ができてうれしかったです。プールで音が全然聞こえないときも難聴学級の担任の先生が教えてくれたので、次にやることも分かってよかったし、みんなと仲良く遊べたのでよかったです。二年生、三年生となっていって五年生になり、もうすぐ阿蘇小学校に通うことになる前に、「乙姫小の友達は、分かってくれたけれど、次は、人数が増えるから、自分のことや障がいのことが分かってくれるかな。」と不安がありました。六年生になって人数は五十人以上に増えたけれど、新しい友達もできて、今は、楽しく学校に通っています。でも、「どうして自分だけ障がいを持つことになったの。」とか、「みんなは、やさしくて、友達になってくれたけれど、本当は、めいわくかけているのじゃないのかな(いやじゃないのかな)。」と不安に思う気持ちもまだあります。今もその不安をかかえて生活しています。

 自分の家族、そしておじいちゃん、おばあちゃんもぼくの「障がい」のことを考えて、いろいろなことをしてくれています。ぼくのために色々なことをいつも考えてくれる家族にとても感謝しています。ぼくもいま生きていることを大切にしていきたいです。

 そして、障がいのこともふくめ、自分のことを、どうどうと言える人間になりたいです。