平成30年度言語・コミュニケーション支援募集要項

平成30年度言語・コミュニケーション障がい児の療育支援について(募集案内)

 

1 ひばり園の概要

(1)設置主体   熊本県社会福祉事業団   (2)経営主体   社会福祉法人 熊本県社会福祉事業団

(3))定員     30名(1に利用される定員)※新規募集60名の利用人数で締め切ります。

(4)職員数(29年度)                

職名

園長

事務員

言語聴覚士

保育士

児童指導員

嘱託医

臨床心理士

人員

(2)

2(兼務)

16

  ※児童指導員は、大学、大学院で心理学、障がい児教育、発達障がい関係の専門教育を受けた者、臨床心理士は園長、指導員が兼務。嘱託医は、耳鼻咽喉科医師(月に3〜4回来園)、発達小児科医師(年4回)、OT支援は個別で対応(月1回来園)

 

2 対象の子どもさん

@    難聴以外の原因で、言語やコミュニケーションに障がいをもつ年長児・年中児、年少児60名程度。

A     年長児、年中児、年少児 但し受け入れ可能な人数に制限がありますので、年長児、年中児を優先させていただきます。

B    基本的には受け入れは先着順ですが、発達全般に課題を持たれている子どもさんで当園の支援より他のサービスを利用された方が適当と判断された場合は他の事業所をお勧めすることがありますのでご了承ください

3 ひばり園の利用形態・指導内容 (個別指導とグル―プ指導を併せて受けていただきます)

(1)   個別指導(原則週1回  担当者とのマンツーマン指導、又は、2〜3人のペア指導の時間あります)

@    時間:午前又は午後に90分程度(保護者との懇談も含めて)※希望の曜日、時間帯を調整します

1枠目―午前10時〜11時30分  2枠目―午後1時〜2時30分 

3枠目 午後3時〜4時30分

A    内容:言語発達の促進、コミュニケーション力の向上、概念理解(量、数、時間、時制、カレンダー、文字の理解など)の促進、自己表現力、自己コントロール力の育成、認知面の向上など個人の発達課題に即した指導、構音指導、ソーシャルスキルなど

(2)   小グループ指導:(週1回)

@    時間帯:午後2時半〜または、土曜日の午前中  年齢、特性に応じた8人前後の小集団

A    内容:運動遊び、ゲーム遊び、ごっこ遊び、絵日記など活動を通して、他児とのコミュニケーション、自己表現力、ルールを守る、自己コントロールの力を育てる

(3)   発達評価と個別支援計画

@    発達検査、知能検査、言語検査、構音検査等の実施と評価

A    個別の課題に対応した個別支援計画の作成(保護者の方と意見交換、共通理解)

(4)   保護者支援

@    障がいの理解のため支援、相談、就学、進路選択の学習会

A    言語・コミュニケーション促進のための家庭でのかかわり方への助言、学習会の実施

B    毎回の家庭連絡票の交換(指導の目的、内容、家庭で取り組むことなど)

 4 保育所等訪問支援

    保育園や幼稚園に行きながら当園を利用される場合、ひばり園担当者が保育園や幼稚園を訪問し、集団適応への支援を行います。(訪問回数は年3回程度 保護者、園と相談の上決定)

5 関係機関との連携

@    子どもさんが在園している、保育園、幼稚園、デイサービス、地域療育機関などとの連絡

A    在籍園との連携(4の保育所等訪問支援事業、学習会、研修会、見学会の実施)

B    熊本県福祉総合相談所、熊本県こども総合療育センター、熊本市こども発達支援センター、関係クリニック、熊本大学、ルーテル学園大学などの専門、他の事業所、相談機関との連携、情報交換

C    就学時のスムーズな移行支援(小学校への情報提供、サポートブック、移行支援シートの作成)

 6 申し込み方法 

 10月2日(月)〜10月14日(土)(日、祝日は休み) ※期限厳守

  当園が支援可能な人数になり次第、申込期間内でも申し込みを締め切らせていただきますのでご了承下さい。早めに申し込まれるようお願いします

@  当園の支援を希望される方は、電話での予約を入れていただき、その後面接等を行い、当園での支援内容と保護者の方のご希望と合わせて、利用していただくことが可能かどうかの判断をさせていただきます。(基本的には先着順ですが、当園の支援より他のサービスを利用された方が適当と判断された場合は他の事業所をお勧めすることがありますのでご了承ください)当利用される方の場合は、下記7の手続きを取っていただきます

A  面接の申し込みは下記時間内でお願いします。

7 利用手続き(別途説明)契約と利用料(面接時に詳しくご説明します)

@    利用希望の方は各市区町村に申請(当園で作成した意見書を提出)⇒相談支援事業所の選択(当園で紹介します)、申請⇒サービス利用計画書作成⇒各市区町村での聞き取り⇒支給決定→当園との利用契約⇒利用開始(手続き等が少し大変ですが、当園でお手伝いします)※但しすでに受給者証をお持ちの方は上記手続きは必要ありません。(受給者証をお持ちの方は持参下さい)

A    利用料 1回1000円程度(減額、上限額の設定がありますので、何回利用されても上限額以上の料金はかかりません。(熊本市の方は市からの補助があり、大半の方は1ヶ月2300円以下となります。詳細は各市区町村で決定されますので、正式な金額は未定です)

B    他の施設との併用も可能ですが、併用する場合は必ず申し出て下さい。(施設間で上限管理が必要です)

★電話でのお問い合わせ、予約はできるだけ 次の時間帯にお願いいたします。朝 8時半〜10時(9時〜9時10分を除く)    昼  12時〜1時     夕方  4時〜6時

 

61−8039

                       熊本市東区長嶺南2−3−2

                       熊本県ひばり園  担当 (園長) 丸内、(児童発達管理責任者)矢島

電話  096-382-1939   FAX 096-385-7974  

 E-mail     UEG54200@nifty.com

                       ホームページ  http://hibarien.kids.coocan.jp/