難聴の程度と聞こえの状態(補聴器での聞こえの補償、視覚的な手立てがない場合)

難聴の程度

子  ど  も  の  状  態

軽度難聴
(26〜40dB)
日常の大体の音、声は聞こえるが、聞き返しも多く、ことばの発達や発音にも影響が出てくる。
中等度難聴
(41〜55dB)
対面しての会話は大体聞こえるが、少し離れたり、集団の中では聴き取りは困難である。ことばの発達が遅れる。
準重度難聴
(56〜70dB)
大きな会話なら何とか聞こえるが、日常の会話、音は聞こえないことが多い。ことばの発達はかなり遅れる。
重度難聴
(71〜90dB)
耳元の大きな音、声しか聞こえない。日常生活でも、大きな音以外は、音に対しての反応はほとんどない。聴覚からのことばの獲得は困難である。
最重度難聴
(91dB以上)
日常生活でも全くと言っていいほど音に対する反応がない。聴覚からのことばの獲得は非常に困難である。

難聴によって起こる問題

難聴の程度や発見の時期、療育を受けや期間などによって違いますが、次のような問題が起こります。補聴器をつけて耳からの情報が入るようになったり、また、視覚的な手段を通して理解できることが増え、ことばやコミュニケーションが改善されると問題は軽減していくことも多いのですが、聞こえにくさ、コミュニケーションの問題は依然として残っていきます。聴力が重度になれば(手話などの視覚的な手段も獲得しなければ)、問題はより深刻になります。

〈一時的な障害〉
・周囲の音や声、ことばが聞こえない。(聴き取りにくい)
・ことばの習得ができない、遅れていく。
・発音が不明瞭になる。
・音による情報が入りにくく、日常生活で不便を感じる。
・身体的な危険を避けにくい。

〈二次的な障害〉
・コミュニケーションがうまくいかない→自分の言いたいことがうまく伝わらない。相手の言ってる事がわからない。
 →情緒が不安定になる。対人関係がうまくいかない。
・周囲の情報が入りにくいので、物事を理解したり、取り入れたり、学習していく力が育ちにくい。
・友達関係がうまくいかずに、孤立したり、消極的になりやすい。
・保護者が養育に自信を無くしたり、コミュニケーションがうまくいかずに好ましい親子関係が育ちにくい。

このような問題をできるだけ軽減するためには

、補聴器を装用してできるだけ聞こえの補償をしていきます。(聞くことの学習が必要です)

、補聴器を装用しても聞こえは完全ではありません。視覚的な手段も活用してできるだけコミュニケーションを  可能にし、情報が入るような配慮をしていきます。

、特に聞こえの厳しい場合は、、手話や指文字などを使っていきます。

、補聴器の限界に対しては(聴覚を補償したい場合)、保護者と充分話し合いながら、人工内耳の埋め込み手術を考えていきます。(ただし、保護者への情報提供をしっかり行っていくために、人工内耳の効果、問題点、手話の必要性や手話l交流会への参加、成人のろう者からの意見を聞くなどを併せて行っていきます)

、1〜4までを踏まえ、難聴の子ども、両親、関わる人たちが、聞こえや、コミュニケーション、情報補償、発達につ いてお互いに学んでいきます。

難聴の子ども達と関わる人たちのお互いのコミュニケーションの努力が必要です