保護者コーナー

 ひばり新聞より

ひばり園では、2ヶ月に1回「ひばり新聞」を発行しています。お父さん方、お母さん方から、子どもさんの様子や、現在の気持ちなど原稿を書いていただいています。今回はその一部を紹介します。 今回は6月の運動会で年長さんとしてがんばった5歳児の皆さんのメッセージです。 (昨年の2月号で、その当時は年中さんでした)   未だ編集中です。完成までしばらくお待ち下さい。

ひばり新聞 (平成年3月発行発行)よりお母さんからのメッセージ・グループ報告

 今回の保護者コーナーは、この時期恒例になっています卒園児の保護者の皆さんの特集です。

後輩との保護者懇談会の時に『私達はこんな風に子どもと向き合ってきました』ということでメッセージを伝えていただきました。

1.ひばり園利用開始年齢、聴力 2、ひばり園で、または家庭でやってみられて良かったこと(続けて効果があったこと、お勧め) 3.わが子との接し方(やりとり)で心がけていること、気をつけていること 4.家族に協力していただいたこと 5.幼稚園保育園に通うにあたって大切にしたこと
   (協力をお願いしたこと、その伝え方) 6.進路とその進路を選んだ理由、それに向けて動いたこと(いつ、どのように動いたか、しておいたほうが良いこと等

7.入学準備でしていること  

 ぱいなっぷる グループ(5歳児

1年間、ぱいなっぷるグループ楽しかったね♪
もうすぐお別れ会。
寂しいけれど、元気な一年生になります!

  
今回は、5歳児の保護者に、2月10日のひばり園懇談会でお話をして頂いた原稿を寄せていただきました。お父さん、お母さん達の思いがいっぱい詰まっていますので、文形態を変えることなく、そのままの形で載せています。Cさんは、お父さん、とお母さんそえぞれ書いてくださいました。
 原稿は、懇談会前に、質問の多かった7つの項目について書いて頂きました。


 

  1.ひばり園利用開始年齢、聴力

【A】0歳(11ヶ月)。補聴器装用開始 生後7ヶ月。聴力(徐々に低下し、両耳90dB以上)
【B】生後6カ月頃からひばり園に通い、補聴器の装用を開始しました。
現在の聴力は、45〜50dBくらいです。

【C】生後5ヶ月頃より。聴力は右平均105dB 左平均約60dB。

【D】生まれた時に新生児スクリーニングで難聴と分かる。転勤の為、少し遅くなりましたが、1歳8ヶ月で補聴器装着。2歳6ヶ月から、ひばり園みかんグループに参加。聴力 右50dB、左47,5dB。中軽度難聴。

【E】外来では、1歳10ヶ月。本契約。として2歳。聴力は右117,5dB 左102,5dB。

【F】難聴の発見が遅く、ひばり園に通いだしたのは年中の「ぶどうグループ」からです。平均聴力は、右45dB、左40dBです。

【G】平成26年4月(4歳5ケ月、年中さんになってから)の時、ひばり園を利用開始しました。
補聴器は右耳のみで、聴力は60dBです。左耳は小さい頃に聞こえていないと言われていましたが、平成27年7月頃から検査をしてもらい、聴力は90dBだろうということでした。これから、補聴器の装用を進めようとしています。
 

 2.ひばり園で、または家庭でやってみられて良かったこと(続けて効果があったこと、お勧め)

【A】絵本の読み聞かせ。(むずかしい本ではなく、低年齢の本の方が、文字や文など学びやすそうに感じました。)

【B】・個別では子供の発達について客観的にみてもらい、発音指導はもちろん、数字、カレンダーなど日常必要なことを学びました。グループの活動では、コミュニケーションをとる、皆で協力する、皆の前で話す、やる、という力をつけたと思います。
・共働きなので、平日はなかなか時間的な余裕がなく、その中で、絵日記を作ったり、ひばり園のグループ活動の準備をしたり、絵本の読み聞かせをしたりする時間は、コミュニケーションをとりながら子供と向き合う時間だったと思います。

【C】指文字(父)、
《体験すること》絵日記での記憶、言葉の定着。何度も絵日記を見ることで、言葉も入る。《カレンダー》予定を書き込む。季節の行事など入りやすい。日にち、曜日の覚えも早かった。《ヒーローもの、トミカ》数字やカタカナを覚えるのに役立つ。(母

【D】カレンダー(月・日めくり・タイムスケジュール)→曜日・日にちの理解。次の予定が事前に分かることで安心できる。自分で見て、次の行事を心待ちになったり、自主的に動くこともあります。
絵日記→年長さん目標:覚え間違いを正す。動詞を色々使う。(雪が降る・つもる・とける)
表を壁に貼る→目新しい・興味の薄い分野・大切なことは、トイレに貼りました。
絵本を読む→寝る前に1〜2冊本を読むことを習慣にする。スムーズに寝てくれます。

【E】2歳位で難聴がわかり、補聴器をつけ、2歳9ヶ月で人工内耳の手術を行ったため、人工内耳の装用効果が出て音声でコミュニケーションが取れるようになるまでは、絵や写真カードを使ったり、手話の本を見ながら簡単な手話を使った。少しずつ言葉がわかるようになってからも、聞き間違いがあったため、3歳頃から指文字を使った。指文字は、今でも絵日記を書いたりするときに役立っている。カレンダーワーク。

【F】5歳から通い始めた子どもが、何もできないことに驚いたのと、あせりを感じました。何も私も分からなかったので、とにかく先生から言われること、お母さん達から教えてもらいながら、声かけや絵日記からスタートしました。絵日記は私も苦手で、子どもも好きではなかったのですが、ずっとやっていくうちに、自分から見るようになり、今ではたまに書いてみたり、絵日記の事を話せるようになりました。時間がかかりましたが、絵日記とカレンダーは続けてやって、本当に良かったと思っています。これからも続けるつもりです。
【G】やはり(みなさんと同じですが)絵日記が良かったと思います。
うちの場合は、息子が文字を書くのがあまり得意ではないので、基本私が作っています。
毎週、グループ・個別があるのでその前までに作らないといけないというプレッシャーと、やっぱり面倒くさいという気持ちがありましたが、息子がその絵日記を見ながらうれしそうに先生やお友達に説明する姿を見たり、家でお兄ちゃん達と笑いながら読んだりするのを見たら、頑張って作って良かったなぁと思いました。
今は、だいぶ文字が書けるようになってきたので、自分の気持ちも書いてくれるといいなぁと思ってます。
 

  
 
 

 

3.わが子との接し方(やりとり)で心がけていること、気をつけていること

【A】子どもの気持ちに共感し、子どもの意志を優先させる。聴力低下し、指文字や書いて理解させることを重要視した。笑う。褒める。

【B】・中等度難聴なので、家庭での会話は普通に話して大丈夫ですが、騒がしい場所や大事な話のときは、はっきり話すように、ちゃんと伝わったかどうかを心掛けています。
・1字1字の発音は大丈夫ですが、単語になると言いづらい発音があるので、そのときそのときに言い直させています。

【C】あまり難聴にとらわれずに、普通に接している。(父)
顔(特に口元)を見て話すこと。子どもは、特に音より顔(口形)を見て聴き取っている。分からない時は、指文字、書いたりした。(母)

【D】話すときに口元が見えるようにする。わかっているか子どもの顔を見ながら話す。大事なことを伝えたい時は、本当にわかったか、伝わったか確認する。

【E】自信がつくように言葉かける。@ほめる A指摘する時は「おしいけど○○」 Bカレンダーで事前に伝える。 何事も楽しんで行う。(季節の行事、習い事、お手伝い、幼稚園の行事)

F】聞こえはするけど、分からないことが多かった。と私も知ったので、子どもにわかるように長くならないように気をつけて話をしています。私も聞いていないことも多くあったので、反省し、しっかりと子ども達の話を聞くようにしています。聞き間違い、言い間違いも多いので、その時にひらがなで書いて、話をするようにしています。

【G】お兄ちゃんが2人いますが、その子達と違って声だけでは反応がないので、顔を見て話すようにしています。本人も顔が見えない状態で話をしても、何度も「えっ」とか「何て」と聞きかえすことが多いです。分からないときは口元を見てくるので、大きな口と大きな声でゆっくり話すようにしています。忙しい時や疲れているときは、早口になりがちですが、一呼吸してから話すようにしています。
  指文字をまだ全部覚えていないので、あいうえお表で文字を確認したりもしています。
 

4.家族に協力していただいたこと

【A】夫:私が仕事の日は、ひばり園に連れて行ってもらう。子どもとの遊び(体をつかった)を頑張ってもらう。私の父母:上の兄ちゃんをみてもらう。
夫の母:ひばり園に連れて行ってもらったり、手話教室に通われたりしました。

【B】・夫婦共働きなので、グループ活動に毎週行くことはできていませんが、交代で仕事の休みをとってできるだけ連れて行きました。
・母親は家事に時間をとられるので、身だしなみ等(肌着を中に入れる、保育園から帰ったら弁当箱、お帳面を出す)については、父親がしっかりしつけていました。

【D】祖母や父親にもひばり園に行ってもらった。
テレビは字幕をつけていた。

【E】祖父母:イベントを一緒に盛り上げてもらい、楽しい思い出にする。父:仕事でほとんど会えませんが、ときどき会った時に言われた言葉や経験は印象深く残るので、覚えさせたい言葉を言っても
らったり、趣味のきっかけをつくってもらう。

【F】両親が、色々な経験をさせたい!と電車やは、トイレに貼りました。《絵本を読む》寝る前に1〜2冊本を読むことを習慣にする。スムーズに寝てくれます。
バスに乗せてくれたり、さんぽをしながら花や草や信号の話をしてくれたりと、私や主人よりも素直に聞いたり、話したりしてるようなので、とても楽しいようです。それ以外にも、下の子の子守なども協力してもらいました。本当にありがたいことだとおもっています。

【G】お兄ちゃんがいるので、テレビを一緒に見ていて分からなかった言葉や聞き取れなかった言葉をすぐに教えてくれるので、本当に助かります。
後は、テレビの字幕を出すようにしています。ニュースとか生放送の時は、字幕がずれてきて少し見にくいですが、アニメとかは文字を目で見ながら見れるのでとても勉強にもなります。
特別協力してもらったなぁと思うことはありませんが、日常生活の中でみんなでたくさんお話しをするようにしています。
 
 5.幼稚園保育園に通うにあたって大切にしたこと
   (協力をお願いしたこと、その伝え方)


【A】聴力が低下してからは、保育園に視覚(書いてもらったり、指文字をしてもらったり)で教えてもらうことをお願いしました。
保育園に行く前は『えいえいおー』と子どもと一緒に気合を入れて登園させました。保育園の帰りは、子どもの話を聞いて共感しました。また、家で好きな料理などを一緒に作ったりしてストレスを発散させました。

【B】・補聴器は高価なものなので、大事に扱っていただくこと、お友達にも補聴器のことを知ってもらうこと、保育園は騒音の中なので、話をするときは本人の注意を向けて話していただくようにお願いしました。
・ひばり園の先生に保育園を訪問していただくことにより、より細かな助言をいただきました。

【C】地域の小学校に通わせたかったので友達を作ることを大切にした。支援の先生をお願いした。(父)
ひばり園個別担当に定期的に保育園訪問、半年に1度、園長先生、担任の先生、個別の先生で支援会議を開いてもらい、どんな支援が必要か話し合って、その時々に必要な支援をお願いした。とても協力的だったので、お願いした事は聞いてもらえた。お迎えの時に、子どもの様子を聞き、家でもできる事は練習したりした。お遊戯会の踊りや歌、運動会の組体操やセリフ等(母)

【D】年少から年中の時は、集団生活に慣れて安心して通えるように情報を丁寧に伝えてもらう。年長になってからは、友人関係のトラブルを丁寧に対応してもらう。(SOS をことばで伝える。理解できているか確認をしてもらう。)中軽度難聴児は、音に対して反応が良い為、ことばが理解できていないにも関わらず『悠汰君はよく聞こえているから大丈夫です』と先生から言われる事がよくあります。

【E】年長からロジャー(デジタルワイヤレス補聴援助システムRoger)の使用をお願いした。その際は、パンフレットを先生に渡し必要性を説明したうえで、園で使ってもらえないか会議にかけてもらい許可が出たところで使い始めた。園外保育(サッカー、イベント参加時)やマーチングや運動会の練習の際に、先生の顔が見えなかったり、広くて指示が聞きづらかったりしても、指示が聞こえて反応が良かった。人工内耳やロジャーは高価なものだけど、保険に入っていたり保障があったりするので、行動を制御したりせず、みんなと同じように活動させてほしい(水遊び以外は)とお願いした。

【F】幼稚園にお願いしたいことも『みんなと一緒に出来ています』と言われるので、よく分からず、まずはひばり園個別担当に幼稚園訪問に行ってもらい、様子を見ながら、困りそうなことや座席の位置などの話を幼稚園の先生としてきて頂きました。私も友だちとの交流はとても気になっていたので、そのことを先生に話し、幼稚園での様子や出来事を、連絡帳や電話でよく教えてもらっていました。

【G】協力をお願いしたことは、補聴器の扱い方と電池交換です。まだ、自分で変えられないときは担任の先生が変えてくれました。今では、自分でしっかり変えられるようになってます。
集団生活の中で、指示されたことはみんなの行動を見て動くようにしているみたいですが、それでも分かっていないときは、直接指示してくださいとお願いしました。
子供たちは、まだ補聴器に興味がないみたいなので、クラスの親御さんには補聴器をつけていること、つけていても聞こえずらいことはクラス替えのときにお話ししましたが、子供たちには直接お話ししていません。小学生になったら、クラスのお友達にも説明は必要だと思っています。
 
 6.進路とその進路を選んだ理由、
それに向けて動いたこと(いつ、どのように動いたか、しておいたほうが良いこと等)



【A】難聴が分かってからは、健軍小学校を意識して3歳の頃健軍校区に引っ越す。聴力が低下してからは難聴学級を希望。しておいたほうが良いことは読み書きの練習。

【B】・集団の中での聞き取りづらさがあるので、難聴学級への入級を希望しました。2つ上の難聴の兄が小学2年生に上がるときに難聴学級ができたので、Bのときは、教育面談のみで済みました。
・小野副知事にひばり園にきていただいて難聴児と実際に触れ合っていただき、保護者の意見をきいていただいたこともありました。

【C】地元の小学校に難聴学級新設。2年前から学校や教育委員会にはたらきかけた。(父)
3歳児の時、保育園がろう学校か迷う。地域の小学校に行かせたいとの思い、また毎日芦北からろう学校に通うことを考えると難しいという思いから、そのままひばり園に通うことにした。(母)

【D】進路は健軍小学校の難聴学級。アイパル(こどもセンター「あいぱる くまもと」教育相談室)に相談する時に決めました。健軍小学校の難聴学級は現在児童多数の為、国語以外は通常学級で過ごす。きこえの教室(通級)は発音と補聴器の管理を行う。など、小学生の保護者から聞いたり、ひばり園の年中時の学校訪問で説明を受けたりしました。子どもが小学校の生活面での支援が必要になるかもしれないことや学習面でも国語と算数は支援が必要となる(発達検査より)と考え、難聴学級を選びました。

【E】地域の小学校に就学させたかった。保育園生活を通して、周りの友達から学ぶことも多く、友達と音声でコミュニケーションを取りながら成長してほしいという思いがあった。その為、難聴学級がある地域に引っ越した。
【F】主人の仕事が転勤があるので、小学校からは安心して同じ学校に通い、友達もたくさん作ってほしい!との願いもあって、家を建てることにしました。西原村に決めたのは、環境もありますが、小学校の先生が一生けんめい力になってくれたので、相談に行ったときにこの学校にしよう!と決めました。4月から難聴学級も出来ることになり安心しています。学校には年長の6月から話を進めて行きました。西原村の教育委員会にも挨拶に行きました。その時、プロフィールシートがとても助かりました。先生方も、見やすい、分かりやすい!と褒めて頂きました。聴力検査のオージオグラムは見ることが多くあったので、それだけのファイルに綴っていたら、いつでもすぐ見やすくてとても良かったです。

【G】6年生と2年生のお兄ちゃんがいるので、同じ小学校に通わせたいというのが1番の理由です。幸い、白坪小には難聴学級があったので、特別早く動いたということはありません。ただ、小学校に慣れさせるため、授業参観に連れて行ったり、お兄ちゃんの部活のお迎えに連れて行ったり、担任の先生を通して難聴学級の先生を紹介してもらいました。
7.入学準備でしていること  

(いつから、具体的に何を?)

【A】○ひばり園からのアドバイス通りに頑張りました。○近所の子と遊ばせる(小学校に通っている子)(難聴学級に通っている女の子)
○小学校でのプールに時間が楽しくなるように、家族でプールに通って、子どもが水に潜れるようにする。○小学校に遊びに行く、校庭で遊ばせる、教
室を見に行く。

【B】・具体的には何もしていませんが、4月から1年生になるんだよ、朝早く起きてお兄ちゃんと一緒に行くんだよ、といった意識付けをさせつつ、FM補聴器はあったほうがいいと考えているので、教育委員会と相談をしているところです。

【C】読み書き、計算(父)
文字が読めるようになった頃から、書く練習。絵日記とは別のノートを作り、○がつ○にち○ようび、その日の予定、楽しかったこと等何でも文章にして書いて読ませたり、たまに穴埋めで単語を書かせたりもした。書かせると、覚え誤りに気づくので便利(母)



【D】自立とお手伝い。(年少)環境作り。自分の棚とタオルの置き場所を決めて覚える。(年中)お手伝いを一緒にする。風呂掃除、靴ならべ、洗濯物を干す、料理。(年長)月のカレンダーと日めくりカレンダーとタイムスケジュールの3個を並べて貼り、自分で準備するよう伝える。
*無理をしない!本人がやる気がある時に一緒にする。

【E】入学準備ということだけではないけれど、聴力が厳しい息子にとって文字はとっても必要なものだったので、文字の読み書きは早い時期からさせていた。入学して支援を受けるにも、文字が読めて意味が分からないといけないということを聞いて、文章を理解できるよう、年長くらいからは、絵日記を自分で書かせるようにした。就学を見据えて、年長で2台目の人工内耳手術を行った。

【F】お友達もいないので、小学校はとても不安だろうと思い、小学校に慣れて欲しいのもあり、山西小学校に行く時は、ほとんど連れて行きました。家から学校まで歩いて40分ぐらいかかるので、西原村に行った時は、兄と一緒に通学路を歩く練習をしています。また、新しい小学校での不安と緊張から、話すことが出来ないのではないかと心配なので、困った時はや分からない時などに先生にしっかりと助けを求められる事、相手に伝えられるように、子どもと話をして出来るようにしていきたいと思っています。

【G】息子はひばり園に入ったのが遅かったので、パイナップルグループのお友達より読み書きができていません。小学校に入ってから少しでも自分が困らないように、読み書きが完璧にできるようにさせたかったので、家での勉強以外に年長さんから公文で国語を習っています。家で教えるのにも限界があるので、外にお願いしてみようと思いました。
小学生のお兄ちゃんやお姉ちゃん達にも顔を覚えてもらえるし、勉強する時間を決めて毎日プリントをしているので、宿題をするという習慣も身に付きました。
 

卒園児のお母さんからもメッセージをいただいています。(写真は在園当時のものとクリスマス会の時のものです)  

『いってきま〜す』N・S
                
 4月から長女は地元市立小1年生になり、毎朝7時10分に2学年上の兄と一緒に小学校へ出かけます。学校までは片道1q半です。通学路は歩道がない箇所があり車の往来が多いため少々心配ですが、毎日元気に登校しています。
 難聴が判明したのは3歳半、それからひばり園に週2回のペースで通いました。ひばり園での訓練や体験が基礎となり、楽しく小学校生活が送れているようです。
 また、ひばり園からのアドバイスや保護者間での情報をもとに早めに特別支援学級設置の要望活動を行うことができました。その結果、空き教室を活用した防音効果のある教室の設置までしていただきました。
 高学年になるにつれて、学習面や交友関係などさまざまな悩みが出てくると思いますが、その壁を乗り越えて、心身ともに成長していってほしいと思います。

 そんなMの小学校で、先日持久走大会がありました。直前になって、M本人が咽頭炎になり、2日間学校を休みました。
 しかし回復がぎりぎり間に合い、大会出場ができ、1年女子の中で5位でゴールができました。1番じゃなかったので当然(?)本人は納得いっていないようですが、足の速さは親に似なくて本当に良かったです☺

 

『入学してその後』   H・Y
              
 地元の小学校に入学して、早くも2学期が終わろうとしています。今年度は残念ながら難聴学級の設立は叶わなかったので、通常学級へ通っています。
とりあえず何か出来る事と考えて、入学式後に、自分の子どもの障がいへの理解や知っておいてほしいことを説明する時間を設けていただきました。また、FM補聴器の装用も始めました。
 今のところ、大きな問題はなさそうにも感じますが、まだまだこれから様々なことが起こると思います。後悔しているのは、もっと学校に足を運び、授業や集団生活の様子を見て、話を聞く機会が少なかったことです。
 今後も不安なことだらけですが、私たちにはひばり園時代の仲間がいます。このつながりを大切に、励まし合いながら頑張っていこうと思います。
 来年度こそは難聴学級ができますように。
『お話し、いっぱいしませんか?』 O・S
              
 入学してから早いもので、2学期がもうじき終わります。学校へ楽しく通えているのは、兄の行事で行き慣れていたことや、交流学級に幼稚園からの仲良しさんが一緒だったこと、難聴学級担任の先生との授業で自信を持って学習できているからだと思います。
 安心できる環境が大切なのは、健聴のお子さんと何ら変わりはありませんよね。聴こえにくい我が子が、どういう事で不安を感じ、どの様な対応で安心できて過ごせるかを伝える事が出来るのは「おかあさん」です。
 私は長男を振り返ると、伝えきれていなくて長男は見えない苦労をしていたんだろうな…と、申し訳なく思うのです。
 私も初めての小学校が慣れた頃、きこえの先輩おかあさんと話す機会が増えて、一年先、ニ年先…と一歩先の様子を知る事からとても安心できました。
 難聴さん二人目のYには、気付けるところが増えたのも長男の経験からです。ひばり園のお母さんたち、聞ける父・母がいっぱいいますよ‼

 

 

 

 

お父さんやお母さん方ありがとうございました。みなさんの記事から、子どもさんたちへのたくさんの愛情が伝わってきて、心があたたかくなりました。子たちたちの成長を家族の方と共に見守っていきたいです。