保護者コーナー

 ひばり新聞より

ひばり園では、2ヶ月に1回「ひばり新聞」を発行しています。お父さん方、お母さん方から、子どもさんの様子や、現在の気持ちなど原稿を書いていただいています。今回はその一部を紹介します。 今回は6月の運動会で年長さんとしてがんばった5歳児の皆さんのメッセージです。 (昨年の2月号で、その当時は年中さんでした)   未だ編集中です。完成までしばらくお待ち下さい。

ひばり新聞 (平成30年3月発行発行)よりお母さんからのメッセージ・グループ報告

 今回の保護者コーナーは、この時期恒例になっています卒園児の保護者の皆さんの特集です。

後輩との保護者懇談会の時に『私達はこんな風に子どもと向き合ってきました』ということでメッセージを伝えていただきました。

1.ひばり園利用開始年齢、聴力 2、ひばり園で、または家庭でやってみられて良かったこと(続けて効果があったこと、お勧め) 3.わが子との接し方(やりとり)で心がけていること、気をつけていること 4.家族に協力していただいたこと 5.幼稚園保育園に通うにあたって大切にしたこと
   (協力をお願いしたこと、その伝え方) 6.進路とその進路を選んだ理由、それに向けて動いたこと(いつ、どのように動いたか、しておいたほうが良いこと等

7.入学準備でしていること  

 すいか グループ(5歳児

1年間、すいかグループ楽しかったね♪

寂しいけれど、元気な一年生になります!

  
今回は、5歳児の保護者に、2月のひばり園懇談会でお話をして頂いた原稿を寄せていただきました。お父さん、お母さん達の思いがいっぱい詰まっていますので、文形態を変えることなく、そのままの形で載せています。Cさんは、お父さん、とお母さんそえぞれ書いてくださいました。
 原稿は、懇談会前に、質問の多かった7つの項目について書いて頂きました。


 

 

  1.ひばり園利用開始年齢、聴力

1.ひばり園利用開始年齢、聴力
【A】りんごグループから通園開始。
 聴力:中等度難聴
【B】0歳4ヶ月ごろよりひばり園へ。
 聴力:高度難聴(両耳小耳症に伴う外耳道閉鎖症)
【C】7ヶ月から通っている。
 聴力:重度難聴
 両耳とも高音の方が聴こえにくい。
【D】生後4ヶ月から外来療育で通園開始
 聴力:中等度難聴
【E】6ヶ月からひばり園通園開始
 聴力:中等度難聴
【F】3ヶ月頃から通園開始
 聴力:重度難聴
【G】生後5ヶ月から外来療育で通園開始
 聴力:中等度難聴
【H】生まれた時 両耳105dB反応なし
 聴力:中等度難聴
 

おおきくなったら、恐竜博物館の博士になりたいな。

 2.ひばり園で、または家庭でやってみられて良かったこと(続けて効果があったこと、お勧め)
【A】・絵日記(今は、息子にほとんど文章を書かせる)
・テレビの字幕を常につける
・個別の療育の時に電池が切れないかチェックする。
・時計とキッチンタイマーを使って、時間の感覚を身につけるようにする。
・妹達に絵本を読ませる
【B】・絵日記(あまりできていないが)
・ポケモンGo(カタカナを覚えた)
・風呂場にひらがな、日本地図、アルファベット表をつける。
【C】・絵日記(言葉、文章の書き方が間違っていることに気付く)
・絵カード、文字カードの使用
・お風呂に指文字表を書く
・カレンダーの裏を利用→壁に貼って教えたい言葉、歌詞を書く。絵カードも作る。目に付く所にあるのでわからない時は自分で確認したりよく歌ったりしている。
【D】・のりものカードを作って見せたら、のりものを覚えた
・歌、ひばり園の帰りの車中で大きな声でうたう。赤ちゃんの時は、1人で歌っていた。
・大げさなくらいの身振り手振り
【E】・絵日記は1年前、2年前と読み返すことができて、記憶をたどって思い出話ができるし、昨年との比較もできる。
【F】個別、グループ、学習会で教えていただいたことは、出来るだけやってみるようにしました。その中で、自分で続けられそうなこと、子どもに合っていることを続けてきました。
・写真カード(先生、友達、親戚、療育の部屋、お店など)
・絵日記は教えたいことやイベントなどで作りました。新聞記事を切り取って貼ってみたりすることもあります。
・ポケモンGo(カタカナを覚えた)
・人工内耳を着けたばかりの頃は、音を聞かせることと、同時に言葉も聞かせました。自分の行動を「言葉化」させていました。
・トイレにスケジュールが書けるカレンダーをかけています。
【G】・指文字、簡単な手話
・トイレにカレンダーを貼って、スケジュールを書いておく
【H】・読み聞かせ
・指文字
・カレンダー
・行事をする時に準備する物から考えてみる
・ひばり園でした事はお家に帰ってからもう一度する事はとても良いと思います。

  
 おおきくなったら、お花屋さんとケーキ屋さんになりたいな。
 


 

3.わが子との接し方(やりとり)で心がけていること、気をつけていること

A】聞き間違いなどで「ちがうよ」「バツ」で注意すると、落ち込んだり反論するから、「おしい」「さんかく」と言って、正しい言葉を教える。
【D】少し大きめに口の動きをはっきり動かしている
【E】・心がけている事は、名前を呼んでこちらに注意を向けてから話はじめる。(口元を見せてゆっくりはっきり話す)
【F】4歳頃からはおしゃべりもだいぶ上手になってきていたので、大人の言葉を意識して使うようにしました。(例えば、おしっこは「トイレ」「お手洗い」、ご飯は「食事」「朝食」「昼食」「夕食」など現在進行中です)人の気持ちを察する事が苦手なので、気が付いたら伝えるようにはしていますが、中々難しいです。特に女の子なので、お友だちとのトラブル回避のためにも分かってもらいたいところです。
【G】・口を見せて話す
・初めての言葉や知らなさそうな言葉をあえて使う
・初めてのお友達の名前は、指文字で、間違えないように。平仮名が読めるようになってからは紙があれば文字で。

H】娘は聴覚より視覚を優先してしまいます。なので見てわかればOKとなり、言葉が入ってない事がとても多いです。なので、あれ何だった?など質問したりして解ってないとその時に、あれは○○だよと伝えていました。
 

おおきくなったら、警察官になりたいな。

4.家族に協力していただいたこと
【A】・仕事をしているので、グループは必ず参加するようにしてたけど、個別の時はおばあちゃんの協力。
・パパに絵日記の手伝いをしてもらう。(写真の印刷やのりで貼るだけとか)
・妹達のほうが歌が上手だったりするので、妹から注意されると悔しがったり、怒ったり。
・妹達には「お兄ちゃんを助けてあげてね。支えてあげてね。」と言って、指文字を一緒に覚えてる。
【B】・1歳9ヶ月から復職(フルタイム)し、私が1回/月位しか行けないので両方の祖母や夫(仕事を休んでもらって)にグループに連れて行ってもらっていた。(年中の7月からは私が休めるようになった)
・両方の祖父が補聴器を付けているので割と身近にあったと思う。
・私が何度も聞き返すと「母ちゃんも補聴器付けた方がいいよ!」と言われたことが何回かあった。
【C】・父親の時間がある時には療育や行事に参加してもらう。
・たくさん話しかけてもらう。
【D】・車の中での家族の会話が理解できていない。次の移動場所など→(姉が伝えてくれる)
・協力してもらったことは、言い間違いの訂正くらい。
【E】・母親が厳しく子育て担当、父親が優しく担当でやってくれている。また、主人の帰りが遅い為、実家の両親には夕食等でお世話になることもある。
本人の不安→「なぜ私だけが聞こえないんだろう」「なぜ、私だけが補聴器をはめないといけないの?」と聞いてくる時がある。
【F】上の子は娘が生まれた時には中学生なので、我慢とかはないのですが、指文字や簡単な手話は覚えて話しかける時に使ったりしてくれていました。今は、娘のいいなりになって遊んでくれたりします(笑)全部ではないのですが、区役所などで手続きなどがあるときは、話すこともあります。大人なので色々理解して欲しいからです。
夫は、手話の講座に行ったりしていました。が、高度すぎて、娘に使う事はあまりありませんが(笑)
ひばり園の学習会には一通り参加してもらいました。基本的な話し方や伝え方など、私がひばり園で教えてもらった事は伝えていました。
【G】2歳上の兄は一緒に指文字を覚えてくれた。お兄ちゃんと娘が2人で遊んでいる時やお風呂に入っている時は私の言葉を娘に伝えてくれた。
 本人の不安→いつもは4人で生活しているが、私の実家など人数が増えた時、話に入ってこない時がある。4人の時は聞き返してくるのに、大勢になると聞き返しても来ない。多分、話に入れない事を実感して分かってると思う。
【H】うちは3つ上の姉がいます。小さい頃から、姉がしている事、言う事は聞いていたので色々な事をお姉ちゃんにお願いしました。ちょっとした手話(ちょうだい、おいしい、おしまい等)をお姉ちゃんにしてもらい、娘が見て真似をする。遊びながらやるような感じでした。指文字もお姉ちゃんが興味があり、覚えてくれて、一緒に遊びを取り入れながら覚えました。
家でテレビを見ていて、行動が面白いと思う所は一緒に笑ったりできますが、言葉を少しひねった面白さは一緒に笑えなく、何て言わしたと?と説明しにくい事は中々伝わらずにわからん、と言って終わってしまう事があります。


 

おおきくなったら、みんながおいしいと言ってくれるケーキ屋さんになりたいな。

 5.幼稚園保育園に通うにあたって大切にしたこと
   (協力をお願いしたこと、その伝え方)


【A】・保育園、ひばり園での先生同士でノートのやりとり(出来事をあえて息子に質問する)
・指文字表を保育園にも貼って一緒に覚える   
・紙芝居(息子の顔写真を使用)
・ならぶ場所の配置  
・ひばり園の運動会を見に来てもらう  
・汗をよくかくので、補聴器の管理   
・全クラスの先生達に息子の事と、補聴器の大切さを知ってもらう(回覧で15クラス)
【B】息子が保育園から聞いてきた明らかに間違っていることを私が指摘してもキレられるので、先生に言って間違いを直してもらう。
【C】・幼稚園での写真を撮ってもらう。(絵日記や写真を見ながら会話をする材料になった)
・毎月歌の歌詞を書いて貼ってもらう。楽譜をもらって家でも歌う。
【D】絵本の時は先生の近くに、歌の時はピアノの近くなど、音が入りやすい場所にしてもらった。
【E】屋外での活動の時には指示が通りにくいので、細目に指示を出して頂いている。歌の時は歌の歌詞をもらう。
【F】・歌の歌詞と楽譜は教えていただくようにしました。毎月の歌も、知らない曲を口ずさんでいたらyoutubeで探して一緒に歌ったりしました。
・劇などでのセリフも事前に教えていただきました。セリフを言いうタイミングが難しかったみたいで、この曲の次だったり、誰の次ということも教えていただき、家でも何度か練習しました。
・テニスボールを椅子の脚につけていただいてます。
・席を先生の顔が見える所にしてもらう。
【G】・娘の定位置(1番前の真ん中)多分、騒がしい子は少し遠くに配置してあると思う
・デジカメで日常の風景やイベントなど撮ってもらう
【H】娘の先生は、難聴の事を良く理解し、わかって頂いていたので、先生の判断で分かってなさそうな時、分からないだろうなという時に声を掛けてくださったようです。娘が話して伝わらない時は、先生が何を言いたいのかを考え、少しずつ聞き出して下さっていた様でした。
A友達とのトラブル時の対処
【A】お友達のお母さんにも協力してもらって、お互いの話を聞いた上で、子どもと向き合って話す
【B】特にトラブルはないですと言われる(本当?
【D】大きなトラブルはなかった。みんな仲良しだった。
【E】難聴でのトラブル(聞こえにくさや補聴器への理解)を事前に防ぐために、年中・年長の時に難聴の紙芝居をひばり園からお借りして、それを保育園の担任の先生に読んで頂いた。
【G】お友達とのトラブルは特にない。男の子が耳をパンチして来て、補聴器に当たった、と娘に聞いたときは園に電話してその事を伝えた。(先
生は知らなかったので)

 

おおきくなったら、野球選手になりたいな。

 6.進路とその進路を選んだ理由、
それに向けて動いたこと(いつ、どのように動いたか、しておいたほうが良いこと等)



【A】年中の秋頃にどこの小学校に行くか(地域の小学校と)悩んでいたので見学させてもらった(健軍小学校)
選んだ理由:子どもも親も繋がりがある所と、先生方の難聴へ対する理解度。 
「6年後、Aくんが心から良かったと思えるように全力を尽くします」と言ってもらえたこと。でも、通級と年長の9月に決まったけど、納得出来ず、教育委員会に不服申し立て。(難聴と分かったのが遅くて、言語の部分に息子に遅れがあった事と、8時間の壁。1年生の時は国語だけで週12時間もある)1月に健軍小学校で面談があり、通級で入学する事が決定。入学式の時に紙芝居を使って伝えられればと思ってます。
【B】市役所にどうしたら?と聞いたら小学校が窓口(小学校から申請)になっているので小学校と話をしてくださいとのこと。また、プロフィールシートを書くためのこと(いつから補聴器をつけてるかとか)
年中の夏:小学校へ両親で行き難聴学級新設希望を伝えた(プロフィールシートも提出)担当は教頭先生で2〜3ヶ月に一度夫と教頭先生と電話連絡。
年長の6月:校長、教頭先生が異動してしまったので改めて両親で行って難聴学級新設希望の意向を伝えた後は学校にお任せした。(特にしていただくことはないとのことで)
【C】・地元の難聴学級がある小学校に入学。中学生の兄がいて兄も同じ小学校の難聴学級を卒業。特に大きな問題なく過ごせたので、娘も同じ進路に。
・兄が在籍している時から行事に連れて行き「娘も入学しますのでよろしくお願いします」と先生方、教頭先生にもあいさつ。年長の6月に正式に電話して入学の意思を伝えた。その後難聴学級の先生と面談。校長先生ともお話した。
【D】進路→・地元の小学校。姉も通学しているのもあるが、住み慣れた所でたくさんの人とふれあい、人との関わり方を経験して豊かな心を育んでほしいと思っているから(自立する為の学習もかねて)
・お姉ちゃんがいるので、お話しする機会が多かったから息子の事を話して学級新設希望を伝え続けた。年長になって6月に小学校へプロフィールシートを提出、挨拶に行った。7月、町の就学相談に行き教育委員会へ新設の意思を伝える。
学校での動き→・備品の購入、校長先生による保育園訪問、ひばり園やろう学校への相談。
【E】年中の終わりに、市教育委員会に話に行き、年長の初めに夫婦で小学校を訪問した。その後、2,3回校長先生と話し合いを行う。プロフィールシートを少しずつまとめておくと後々大変ではないかもです。
【F】進路→健軍小学校。幼稚園を考える時に健軍小学校を考えました。上の子が卒業した小学校に難聴学級はなく、新設するかどうかとなった時に新設して1対1で手厚くしてもらえるというメリットもありましたが、同じ障がいを持つお友達が学校にいる事が、本人の心の安定になるのではないかと思い健軍小に決めました。それと、私にとっても難聴の子を持つ親御さんがいらっしゃるということはとても心強い事だと思っています。
【G】進路→地元の小学校の普通クラス。年少の夏:校長先生に電話→校長が変わり引継ぎできていない。年中の夏:校長先生と面談(私のみ)。今年度の夏:娘、私、校長、教頭、支援コーディネーターの先生と面談。ロジャーのパンフレット渡した。秋:教育委員会へ要望書提出。
難聴学級が新設されなかったため、菊陽中部小校区へ引っ越すか、聾学校への進学を考えた。
【H】校区に難聴学級があって希望していましたが、中等度難聴で不安だったので発達検査や語音弁別聴力検査等と「聞き間違いが多い」ことを書いたプロフィールシートを持って市に提出しました。
しかし、「通級」の判定が下りたので、不服申し立てをしたら、市総合支援課の担当の先生が保育園訪問や小学校で支援会議をして下さりました。その場で、両親で「少しでも良いから難聴学級に取り出して個別で支援してくださらないか」とお願いしたら、校長先生よりそのようにしていきたいと答えていただきました

おおきくなったら、県庁職員になりたいな。

7.入学準備でしていること  

(いつから、具体的に何を?)

【者に難聴のことをどのように伝えますか?)
【A】・ロジャーは悩んでいてまだ購入してません
・ひらがな、カタカナ、数字、時計を読めるようになる
・年長の夏に、一緒に小学校の見学
・友達が全然いない状態なので「今の保育園のお友達も大事だけど、小学校に行ってできる友達はもっともっと大事なお友達になるから楽しみだね」と、プラス思考の話をする
【B】・学校用のプロフィールシート(もっと息子の性格とかを書く)
・入学式終わりに教室で伝える。
【C】兄の時にもしたけど、入学式の日に時間を頂いてクラスの親と子どもたちに難聴のことを伝えた。生まれつき聴こえが悪く補聴器、人工内耳をしていること。人工内耳の方には頭の中に機械が入っていること。おしゃべりが苦手なこと。そのせいで友だちに嫌な思いをさせたりトラブルになることがあるかもしれないこと。何か聞きたいことがあればいつでも聞いて下さい等々。
【D】入学式の日に時間を作ってもらって息子の紹介、補聴器の事を伝えようと思っている。
【E】難聴学級ができなかったので、市教育委員会に学習支援の先生を増やしてほしいと要望する。
【F】早めに引越しをして、学校や地域のイベントに参加した。マンションの同じ小学校に行くお姉ちゃんと顔見知りになり、会うと声をかけてもらっています。幼稚園でもそうでしたが、クラスの保護者の皆さんには簡単に説明しようと思っています。入学式の日に出来ればいいなと思っています。(トラブルがあった時が大変になると思うので)
【G】・保護者総会の時にプリントを配って、前に出て話をしようと思っている。
・1〜6年の各クラスごとに話をしにいく
・娘に対して:級に雨が降った時の対処法。電池が切れたとき、授業中だったらどうするのか、どのタイミングで電池交換する事を先生に言うのか。
【H】難聴学級の先生と子どもと2人での面談。ロジャーを1月下旬に買い使い方。小学校に少しでも慣れるようにお姉ちゃんの行事には連れて行きました。


 

おおきくなったら、保育園の先生になりたいな。

パイロットにんばりたいな。

卒園児のお母さんからもメッセージをいただいています。(写真は在園当時のものとクリスマス会の時のものです)  

『いってきま〜す』N・S
                
 4月から長女は地元市立小1年生になり、毎朝7時10分に2学年上の兄と一緒に小学校へ出かけます。学校までは片道1q半です。通学路は歩道がない箇所があり車の往来が多いため少々心配ですが、毎日元気に登校しています。
 難聴が判明したのは3歳半、それからひばり園に週2回のペースで通いました。ひばり園での訓練や体験が基礎となり、楽しく小学校生活が送れているようです。
 また、ひばり園からのアドバイスや保護者間での情報をもとに早めに特別支援学級設置の要望活動を行うことができました。その結果、空き教室を活用した防音効果のある教室の設置までしていただきました。
 高学年になるにつれて、学習面や交友関係などさまざまな悩みが出てくると思いますが、その壁を乗り越えて、心身ともに成長していってほしいと思います。

 そんなMの小学校で、先日持久走大会がありました。直前になって、M本人が咽頭炎になり、2日間学校を休みました。
 しかし回復がぎりぎり間に合い、大会出場ができ、1年女子の中で5位でゴールができました。1番じゃなかったので当然(?)本人は納得いっていないようですが、足の速さは親に似なくて本当に良かったです☺

 

『入学してその後』   H・Y
              
 地元の小学校に入学して、早くも2学期が終わろうとしています。今年度は残念ながら難聴学級の設立は叶わなかったので、通常学級へ通っています。
とりあえず何か出来る事と考えて、入学式後に、自分の子どもの障がいへの理解や知っておいてほしいことを説明する時間を設けていただきました。また、FM補聴器の装用も始めました。
 今のところ、大きな問題はなさそうにも感じますが、まだまだこれから様々なことが起こると思います。後悔しているのは、もっと学校に足を運び、授業や集団生活の様子を見て、話を聞く機会が少なかったことです。
 今後も不安なことだらけですが、私たちにはひばり園時代の仲間がいます。このつながりを大切に、励まし合いながら頑張っていこうと思います。
 来年度こそは難聴学級ができますように。
『お話し、いっぱいしませんか?』 O・S
              
 入学してから早いもので、2学期がもうじき終わります。学校へ楽しく通えているのは、兄の行事で行き慣れていたことや、交流学級に幼稚園からの仲良しさんが一緒だったこと、難聴学級担任の先生との授業で自信を持って学習できているからだと思います。
 安心できる環境が大切なのは、健聴のお子さんと何ら変わりはありませんよね。聴こえにくい我が子が、どういう事で不安を感じ、どの様な対応で安心できて過ごせるかを伝える事が出来るのは「おかあさん」です。
 私は長男を振り返ると、伝えきれていなくて長男は見えない苦労をしていたんだろうな…と、申し訳なく思うのです。
 私も初めての小学校が慣れた頃、きこえの先輩おかあさんと話す機会が増えて、一年先、ニ年先…と一歩先の様子を知る事からとても安心できました。
 難聴さん二人目のYには、気付けるところが増えたのも長男の経験からです。ひばり園のお母さんたち、聞ける父・母がいっぱいいますよ‼

 

 

 

 

お父さんやお母さん方ありがとうございました。みなさんの記事から、子どもさんたちへのたくさんの愛情が伝わってきて、心があたたかくなりました。子たちたちの成長を家族の方と共に見守っていきたいです。